1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

T.O.P..classさん

ニキビとは?

医学用語では「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれ、10代の大多数に発症し、大人の患者も多い皮膚の疾患です。

進行状態を把握しよう!

◽ 白ニキビ

ニキビの初期段階で、毛穴に詰まった皮脂や肌表面に残った角質が毛穴の内側に残ってしまい、盛り上がってしまった“でき始め”状態のニキビです。

炎症が起こる前の状態で、毛穴が完全にふさがって白く見えますが、かゆみや痛みはほとんどないはず。
皮ふを新しくしていくサイクルであるターンオーバーが乱れることにより毛穴周囲の皮膚が厚くなり、ふさがった毛穴に皮脂や角質が詰まってしまうのが原因です。

この状態を放置し、洗顔不足による不衛生な状態を続けたり、睡眠不足など不規則な生活をしていたりすると、次第に炎症を起こして赤ニキビへと進行してしまうのです。

▽ 注意点やケア方法

白ニキビは絶対に潰してはいけません。
潰した瞬間から炎症が始まってしまいます。

洗顔と保湿で肌の油分と水分のバランスを整えるケアを!

ただ、1日に何度も洗顔をしたり、汚い指でいじって白ニキビに刺激を与えると一気に赤ニキビにまで悪化するので注意!

酵素洗顔はタンパク質を分解する作用があるので、毛穴に詰まった角栓を分解し落としてくれるので、毛穴詰まりが原因の白ニキビに悩む人にオススメです!

またストレスの多い生活は、皮脂分泌が過剰にし、肌質も硬くなるので毛穴が詰まりやすくなりニキビができやすくなります。 優しい洗顔とスキンケアはもちろん、基本の生活習慣を見直すことが白ニキビ予防への近道です。

◽ 黒ニキビ

イチゴ鼻を筆頭とする「黒ニキビ」。
その原因は、毛穴に皮脂や角質が詰まること。
放置すれば炎症を伴う赤ニキビ(しかも痛い)などに悪化する

その表面に出てきた部分が空気に触れると酸化し、酸化した部分は黒く変色してしまいます。

黒く変色した毛穴の皮脂や汚れが黒ニキビの正体なのです。

これ黒ニキビやんってなって取ろうとしたら、なんかぷっくりしていることに気付いた。

その場合は黒ニキビではなく、粉瘤になっている可能性があります。

▽ 注意点やケア方法

細菌だらけの手でニキビを潰すことで、症状を悪化させたり広範囲に黒ニキビができたりすることもあります。

また無理に潰すと色素沈着を起こし、ニキビ跡が消えなくなりシミになってしまいます。

さらに、皮膚細胞が破壊されて皮膚が窪んだニキビ跡になります。もっと悲惨なことになると同じ場所にニキビができやすくなり、刺激を与えたせいで皮膚も厚くなってしまいます。

洗浄成分に石油系の合成界面活性剤が使われているものは絶対にNGです。
台所洗剤にも使われているくらいで、洗浄力が強すぎて肌の刺激になります。

ある程度の洗浄力は毛穴汚れをとるために必要ですが、強すぎるものは乾燥やニキビを悪化させるので避けましょう。

ラウリル硫酸○○・ラウレス硫酸○○・○○スルホン酸といった成分が入っていないかを必ずチェックしてみてください

ピーリングをしてあげると詰まっているものを剥がし取ってくれます。

 

AHAという成分が効果的で身近なドラックストアにも置いてあります。

 

このピーリングをする際はできるだけ流し落とすものにすることをオススメします。

◽ 赤ニキビ

いよいよ炎症を起こしてしまった段階がこの赤ニキビ。
古い角栓や過剰に皮脂分泌によって毛穴が塞がれ続けていると、次第に毛穴の内部でアクネ菌が繁殖し、毛穴とその周辺が赤く腫れ上がってしまうのです。

赤ニキビの大きな原因は皮脂の過剰分泌だと言われています。
皮脂は肌に潤いを与え、外部からやってくるホコリや細菌、ウィルスなどが入り込まないように防御する役割を果たしています。皮脂の量が少なすぎるとお肌が乾燥して肌の防御機能が失われ、シミやシワなど様々な影響が出ます。

赤ニキビが痛む場合には、アクネ菌が毛穴の中で増殖し炎症が起こっている状態です。

痒みを伴う赤ニキビの場合には、乾燥肌と合わない化粧品の使用が原因となっています。

1 2 3