1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スマホ時代の終焉か!?次世代端末「カードケータイ」の登場でガジェッターが大騒ぎ

ドコモが4Gケータイとして世界最薄・最軽量をうたう「カードケータイ」を発表しました。画面は電子ペーパーを採用ということで、一部では話題になっています。

更新日: 2018年10月19日

7 お気に入り 9542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ドコモの機種発表内容、エンガジェット、インプレス等のIT情報サイトの記事をまとめました。

withpresentsさん

10月17日にNTTドコモは新端末を発表した

発表した製品の中に薄さ5.3mm、重量47gの世界最薄・最軽量のカードケータイが登場した。京セラ製のケータイである。

特徴

カードケータイは、薄さ5.3mm、重量47gの世界最薄・最軽量(同社調べ)のカードサイズケータイ。ポケットやカードケース、手帳などに入れて持ち歩ける。

電子ペーパーディスプレイを採用しているため、表示切り替え時のみ電力を消費する。反射光を利用して表示するため視野角が広く、直射日光下でも見やすく目の負担が少ないという。

電子ペーパーディスプレイの良いところは、低消費電力であること。

「ブザー」を装備し、着信音や操作音を鳴らせるようになっている。スピーカーを搭載しなかった理由は、薄型化のためだという。

利用できる機能やサービス

通話、SMS、カレンダー、時計(アラーム)、電卓、Webブラウザ、メモ帳、テザリングなど。

高音質な通話が楽しめる「VoLTE」に対応するほか、「SMS」や「Wi-Fiテザリング」、「WEBブラウジング」にも対応。また、フリック入力にも対応し、SMSやWEBブラウジング中にもサクッと文字入力できます。連続通話時間は2時間です。

デメリット

表示の書き換えにコンマ数秒程度の時間がかかるというデメリットもある。

特にスクロール時は2階調(白と黒の2段階)に表示が制限されるため、視認性が著しく落ちる。

また、バックライトは備えておらず、真っ暗な場所では画面が見えなくなる。

受話スピーカーを除き、スピーカーを搭載しておらず、音楽の再生も対応しない。

価格

誰向け?

スマホが大画面化するなか、持ち運びやすいシンプルなケータイが欲しいという声が多数あった

ターゲット層として、20~40代の男女で、最新のガジェットに興味のある人を挙げる。

吉澤氏は利用シーンの一例として「ビジネスとプライベートを別番号で使い分けたい人に最適だろうと考えている」と説明する。

ドコモの吉澤社長の説明

ちょっと使ってみたい(+_+) カードケータイを操作してみた【ケータイ Watch】 youtu.be/hX7GoymPSJM @YouTubeさんから

長男の次の携帯、これにしようかな…カメラないのが不便っちゃ不便だけど逆に写真でのトラブルとかがなくて良いのでは… カードケータイ KY-01L | ケータイ | 製品 | NTTドコモ bit.ly/2I6oCCL

1 2