1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

東野圭吾原作『マスカレード・ホテル』も!「注目映画」予告解禁

注目映画の予告編(特報)7作品のまとめ。『春待つ僕ら』、『マスカレード・ホテル』、『無限ファンデーション』、『ニート・ニート・ニート』、『あした世界が終わるとしても』、『夜明け』、『かぞくわり』。

更新日: 2018年12月08日

6 お気に入り 14026 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『無限ファンデーション』(11月17日公開)

群馬・高崎で密かに服飾の道を目指す孤独な女子高生・未来を主人公とする青春映画。

シンガーソングライター・西山小雨の楽曲『未来へ』を原案に、女子高生・未来(南)と仲間たちの青春の日々を即興劇で描いていく。

南沙良

主演の南に加え、原菜乃華、小野花梨ら10代の女優や、佐藤蓮、片岡礼子といった実力派が出演する。

机に向かう少女や、階段を並んで歩く男女、制服姿や浴衣姿で歩く2人、ガラクタの前で佇む少女などが確認できる。

ほぼ後ろ姿、もしくは引きで映されているため登場人物たちがどんな表情をしているのか想像を掻き立てる。

◆『ニート・ニート・ニート』(11月23日公開)

「ジャニーズJr.」の安井謙太郎が映画初主演を務め、北海道を舞台に描くロードムービー。第8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾による同名小説を、宮野ケイジ監督のメガホンで映画化。

女性絡みのトラブルを抱える無職のレンチは、失業中のタカシとひきこもりのキノブーを強引に連れ出し、北海道へ向かう。その途中、謎の少女・月子が合流し……。

主人公と旅を共にする面々を、『仮面ライダーゴースト』シリーズなどの山本涼介、ジャニーズJr.の森田美勇人、『イタズラなKiss THE MOVIE』シリーズなどの灯敦生が演じる。

された予告編では、9mm Parabellum Bulletによる主題歌「キャリーオン」に乗せて、道内各地を回る4人の旅が映し出される。

ほかにも、レンチたちが辿り着いた北海道の農場で農作業を手伝っていると、地元の人から「使えねえな」とダメ出しされ、「せめてわたしの役に立ってよ」と月子から厳しい一言を浴びせられる場面も。

映像の最後には、がむしゃらに生きる彼らの姿に「ブレーキに足かけんじゃねーぞ」というレンチのセリフが重なる。

◆『春待つ僕ら』(12月14日公開)

「僕だけがいない街」の平川雄一朗監督が、あなしん原作の同名人気コミックを土屋太鳳主演で実写映画化した青春ラブストーリー。

クラスになじめないヒロインが、男子たちとの交流を通じて成長する姿を描く。

バスケ部の“イケメン四天王”に北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、主人公の幼なじみに小関裕太がふんする。

この度公開された予告編は、ひとりぼっちの春野美月がバスケ部男子4人との出会いのシーンから始まる。

全校生徒からの注目を浴びる4人をチャラいと決めつけていた美月だが、バスケに真剣で仲間を大切にする4人の素顔を知り、次第に心を開いていく。

また、全国大会を目指すバスケ部の試合や練習、日常の一コマなどが切り取られた。小関演じるアメリカ帰りの天才バスケ選手・神山亜哉がダンクを決める瞬間も観ることができる。

1 2 3