1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

九州の映画館事情がアツい!新規出店・最新スペック導入が加速している。

今、九州エリアは何気に新規出店・最新スペックの導入が加速している。今後出店予定の映画館もまとめていきます。

更新日: 2018年11月04日

4 お気に入り 2886 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「TOHOシネマズ熊本(仮称)」「MOVIX熊本(仮称)」など新規出店予定の映画館、T・ジョイ博多に導入されるドルビーシネマの詳細などもまとめました。

「JR熊本駅ビル」内シネマコンプレックスの運営は松竹マルチプレックスシアターズに決定

「MOVIX」「新宿・丸の内ピカデリー」「神戸国際松竹」のブランドで知られる松竹マルチプレックスシアターズが九州エリア初出店。

10スクリーン/1400席で構成される。
導入スペック等は未定(2018年10月現在)

同じ熊本市内では桜町地区にTOHOシネマズが出店表明済み

熊本市の中心部ともいえる桜町地区に開業する複合施設に出店。熊本県内にはTOHOシネマズとして4店舗目の出店となります。

9スクリーン/1600席で構成される。
導入スペック等は未定(2018年10月現在)

熊本市内だけでも中心部・郊外含めて相当な数になる?

・TOHOシネマズ熊本(仮称/NEW)
・TOHOシネマズはません
・MOVIX熊本(仮称/NEW)
・ユナイテッド・シネマ熊本

T・ジョイ博多に最先端の設備「ドルビーシネマ」を日本初導入

出典kinezo.jp

元々この設備は「MOVIXさいたま(埼玉)」が先に導入を公表しており日本初導入が見込まれていましたが、T・ジョイ博多が抜け駆けという形で日本初導入となる形のようです。

詳しい詳細は以下リンクへ。

同じ福岡市内では「ユナイテッド・シネマ福岡ももち」が再出店。

元々前身である「ホークスタウンモール」内に出店していましたが同施設の閉館と共に閉店。そして同地に新たに開業する「MARK IS 福岡ももち」内に再出店という形になりました。

11スクリーン/1600席で構成される。
「4DX」をはじめ、九州エリア初導入となる3面鏡スクリーン「ScreenX」が導入される。

宮崎駅ビル内にもシネマコンプレックス出店。

宮崎駅ビル「アミュプラザ宮崎」内に出店される出店予定。

運営会社、スクリーン構成は現時点で不明
導入スペックも当然ながら未定です。

実は本州まで出なくても十分に満足行く設備が揃っている?

九州エリアには「IMAX®デジタルシアター」「DOLBY-ATMOS」など大都市圏でも普及している最新設備が導入されている。実は九州を出なくても十分に揃っているとも言えます。

IMAXは福岡・鹿児島県に導入済み

「キャナルシティ博多」内に入居するユナイテッド・シネマ系列のシネマコンプレックス。

13スクリーン/2000席で構成されている。
「IMAX」「4DX」をはじめ、食事を楽しみながら映画を楽しむ「ダイニングシネマ」が日本初導入されています。

鹿児島中央駅ビル「アミュプラザ鹿児島」内に入るシネマコンプレックス。

今夏より「IMAX®デジタルシアター」が新たに導入されました。

DOLBY-ATMOS(ドルビーアトモス)は大分県に導入済み

大分駅ビル「アミュプラザおおいた」内に入居するシネマコンプレックス。

ドルビーアトモスをはじめ、TOHOシネマズ独自規格ラージスクリーン「TCX」が導入されている。

今後も九州エリアのシネコン発展には見逃せない。

現在九州地方では4館のシネマコンプレックス開業が控えています。(2018年10月現在)
とはいえ何処も導入スペックに関しては特に公表されていませんので今後どのような発展があるのか九州住まいではない私でも楽しみですね。

1