1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

和楽器バンドの細雪

A special appreciation post for @yuchinsound part 2. Stills for the new Sasameyuki 「細雪」MV. このヨカイとしてのゆう子が良いコンセプト と とても 綺麗です pic.twitter.com/i4rzGTAT8L

「細雪」は4月25日に発売されたアルバム『オトノエ』のリードトラックとして、すでにMUSIC VIDEOが制作されていたが、11月14日のシングルカットに合わせて、前作とは違った世界観で新しいMUSIC VIDEOが制作された。

今回新たに制作されたバージョンは「千本桜」のMVを手掛けた野田智雄がディレクションを手がけた。

鈴華ゆう子はこのMVに関して「今回は特にメンバーの表情や動きをより生々しく、1ショットのシーンを大事にかつ立体的に引き出して頂きました」と解説

@sayacantammari 暗いかわからないけど、和楽器バンドの細雪がかっこいい( • ̀ω•́ )ドヤッ

@WagakkiBand 見ててかわいいかわいいを連呼してた みんな可愛い〜 和楽器バンドはMV含めてカッコいいし、こんなにMVを観まくってるアーティストは初めてです✨ いつかこの世界観でドラマ作って欲しいなぁ #和楽器バンド #細雪

和楽器バンド「細雪」のNew MV 鈴華ゆう子さんの目力に冒頭からハートを射抜かれました youtu.be/2O0jF1jmAQg

乃木坂46の帰り道は遠回りしたくなる

かわいすぎ オタクですいません 乃木坂46【帰り道は遠回りしたくなる】 pic.twitter.com/X1NoPotghA

アイドルグループ・乃木坂46の22ndシングルで、卒業を控えている西野七瀬が最後のセンターを務める「帰り道は遠回りしたくなる」のミュージックビデオが18日、公開された。

MVは年内にグループ卒業が決定している本作のセンター・西野七瀬をフィーチャーした内容で、「もしもバスに乗り遅れていたら…」「もしも絵を描いていなかったら…」など、西野がさまざまな分岐点の先で幸せな人生を歩み続けていくという物語仕立て。

ストーリーの内容は乃木坂46の中で実際に起こった過去のエピソードや、各メンバーから事前にリサーチされた西野の印象深い思い出が反映されている。

脚本はカンヌ国際広告祭など多数受賞しているクリエイティブディレクター・澤本嘉光氏、監督はPerfumeや星野源などのMVやドラマ『電影少女』の演出を手がけた関和亮氏が担当した。

帰り道は遠回りしたくなる のmv見たけど感動するね。アイドル界で名をはせた西野さんの最後なだけあるなぁ

帰り道は遠回りしたくなるのMVって 地味ににごめんねずっと要素あるよね

今日はなぁちゃんが卒業発表してから1ヶ月ですね 帰り道は遠回りしたくなるMVすごく良かったですね なぁちゃんの愛はまだまだ続く! いやどんどん愛は高まってる!!! #西野七瀬 #帰り道は遠回りしたくなる #乃木坂46 pic.twitter.com/zyN9aux1Kj

帰り道は遠回りをしたくなるのmvクソいいよな… ところでなんで略せばいいの

のんさんが出演するWhat A Wonderful World

「What A Wonderful World」は10月10日にリリースされるニューアルバムの表題曲で、蔦谷好位置がプロデュースを担当。

バスの窓際に座っている“のん”と窓越しに映る東京の夜景のみのシンプルな構成ながら、“のん”の様々な表情が歌詞の世界観を表現した映画のワンシーンのような映像となっている。

監督はあいみょんやサカナクション、水曜日のカンパネラ、CharaらのMVを手掛ける山田智和が務めた。

1 2