1. まとめトップ

目標を設定しても多くの人が達成できない理由とは??

目標を設定しても多くの人が達成できない理由とは??その理由を簡単にわかりやすくまとめました。

更新日: 2018年10月19日

7 お気に入り 867 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実体験と関連書籍をまとめて読んでわかりやすく簡潔にしました。

結論から言うと、目標とビジョンをリンクしていないから

結論から言うとこれです。

目標はそれ単体ではタダのストレスにしかならないので、努力してもいずれ限界がきてしまいます。

目標はストレスとなるが、モチベーションと行動のエネルギーの源泉となる。ドイツ出身クルトレヴィン心理学者。

多くの人は目標とビジョンをはきちがえている

目標とは?

期限、固有名詞、しないことを入れると明確になります。

【例】 〇〇営業成績売上120万、2018年年末までに、最低90万

理想と期限と最低これだけはしないとダメ、これ以下はしない。
という高い目標と低い最低限を共存させることで、自分を認めつつ、能力を磨いて行くモチベーションになります。

ビジョンとは?

自分で決めた在り方。こんなことが好き。こんなことを大切にしたい。
こんな風になりたい!こんな人が憧れだからこうなりたい。
今の自分よりもっと大きなワクワクする未来の自分の姿です。

ここで注意して起きたいことが、ビジョンには数字や期限を入れないことです。

あくまでワクワクする内容だけでいいです。
ではどうすれば描いたビジョンを明確にできるかというと、理想とする自分をイメージして、
表情、言葉、思考、見た目をそのイメージ近づけ、
さらに深めて好きになること、大切にすることです。

多くの人はビジョンに数字や期限を入れてしまい、できない自分に喪失感を抱く。

そもそも目標はなかなか簡単に達成できないものです。

なので、達成する目的ではなくあくまで結果から改善点をあぶり出す通過点。
という捉え方で目標にチャレンジすることが大切です。

目標達成しないからといって落ち込んでいる暇はありません。
今の現状で目標達成はできないからこそ、それが目標なのです。

より大きな目標に向けて行動して行くことに意味があり、そこからの改善が1番の答えです。
そのトライアンドエラーの繰り返しが能力を向上させ、きずいたら自然に目標を達成しているのです。

自分の挑戦、改善、変化なくして結果は現れないということです。

「◯◯がやりたいのですが、やり方がわかりません。どうしたらいいでしょうか?」という質問もよくいただく。

 僕はそもそも「やり方」なんてものはなくて、すべてが「トライアンドエラー」なのだと思っている。

 ビジネスで成功するためには、思いつく限りのことを次々とやってみるしかない。

 僕もビジネスとして小さなアイデアを次々に試し、うまくいくものだけを残すようにしていた。「トライアンドエラー」の繰り返しのうえに、いくつかの事業が当たった。

 結局、やり方とかセンスではなく「トライアンドエラーをどれだけ続けるか」ということだと思うのだ。

目標を達成するためのまとめ

1、目標とビジョンを区別して考える

2、目標は論理的に、感情的にならないこと。達成できなくてもそこから改善案を見つけるためのただのツールと考える

3、ビジョンは大きく無限の可能性を持たせる。ストーリー性をもち自分や周りの感情を揺さぶるほど大きなビジョンを描く

ワンピースのルフィの俺は海賊王になる!!!
これはビジョン。この想いに賛同した仲間がどんどん集まって強くなっていきますよね。
これがビジョンが持つ力です。

目標、目標、目標と日本企業はとかく目標ばかり追い求めますが、ビジョンやロマンといったことも大切にしていきましょう。

【お手本】 目標とビジョンをうまくリンクさせた本田選手の卒業文集

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。

今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。

一年間の給料は40億円はほしいです。

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

評価ポイント

◎学生の時点で大きなビジョンを描いている

◎自分はだから頑張っていると肯定している

◎家族【固有名詞】 を巻き込んで目標をさらに鮮明にしている

◎数字や期限も決めている。

これだけ鮮明なビジョンと目標を毎日強く思い、コツコツ続けた結果が今のホンダ選手を作っています。

凡人と天才の差は鮮明なビジョンと目標を持ち、いかに毎日強く思い続けるかというごくごくシンプルなことなんですね。

1