1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

カープ歓喜の裏で、巨人高橋監督への鳴り止まない「由伸コール」

プロ野球クライマックスシリーズ(CS)で巨人を破り、広島カープが日本シリーズに進出決定! #高橋由伸 監督のユニフォーム姿の見納めとなった試合の後で、両チームのファンから惜しみない「由伸コール」が贈られました。

更新日: 2018年10月20日

10 お気に入り 39866 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

巨人の背番号「24」がユニフォームを脱ぎました。

nyokikeさん

▼広島カープが巨人を破って日本シリーズに進出!

【祝! #カープ #クライマックスシリーズ 優勝!!】 我らの #広島東洋カープ 全国のファンの皆様,CS優勝おめでとうございます。次はいよいよ34年ぶりの日本一を目指した戦いです。我々ファンも,ともに #家族一丸 となり応援しましょう!勢いそのままに,頑張れカープ!!! #carp #こいほ#がんばろう広島 pic.twitter.com/2vQdI9tum1

プロ野球、セ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージの第3戦は、リーグ優勝の広島が3位の巨人に5対1で勝ちました。

3連勝の広島は、優勝チームに与えられるアドバンテージの1勝と合わせ対戦成績を4勝0敗とし、2年ぶりに日本シリーズに進出しました。

・驚異的な守備を見せるなど活躍した菊池涼介選手がCS最優秀選手に

広島東洋カープ 日本シリーズ進出決定 世界が認めた守備職人 #菊池涼介!! 背番号33の守備力は国宝級 広島×巨人 DAZN.comで見逃し配信中 #プロ野球#MLB#DAZN #時代を変えろ #Carp #今年のCSはウチがもらう pic.twitter.com/EubtXS26Yp

・広島カープ緒方監督のコメント

【2年ぶり】広島の日本シリーズ進出が決定! news.livedoor.com/article/detail… 広島は27日からの日本シリーズで、34年ぶりの日本一を目指す。 pic.twitter.com/44TcaicS6k

34年ぶり日本一にあと4勝と迫った緒方孝市監督は、試合後に行われたヒーローインタビューで満面の笑み。「今日も本当にこれだけたくさんの応援の力をいただきました。ありがとうございます」と、真っ先にファンに感謝の気持ちを伝えた。

▼2年ぶりの日本シリーズ…広島カープファンから歓喜の声が聞かれた

カープ日本シリーズ出場決定‼️おめでとうございます✨✨ 本当に嬉しいです が明日始球式する者としては複雑な広島の夜です でもでもクライマックスシリーズ通過を広島で味わえて幸せなのです❤️ ありがとうございました❤️

今年は、ギリギリまで、楽しませて貰いました。ジャイアンツ。まぁまぁ。 一位の広島カープが強いんだよ! だから!来年度頑張るんだもん。 カープ!日本シリーズ頑張れ! セ・リーグの意地を!

カープ三連勝で日本シリーズ出場決定!!去年の悪夢が成仏した!あとは2年前の借りを返して日本一になるのみ!カープファミリーの夢は続く!

カープ半端ないって。あいつら半端ないって。ヤクルトに打ち勝った巨人を3試合で3失点に抑えて3連勝で日本シリーズに進むもん。そんなんできひんやん、普通。

やった‼️やった‼️やった‼️カープ勝った‼️巨人3タテで日本シリーズ進出って本当に夢のようだ。すごい‼️昨年の悔しさをとんでもないくらい強烈に返した‼️投手陣が力強くなった。野手の 守りがより固くなった。昨日の新井選手の言葉じゃないけど「家族一丸」パワー、今日も見せてくれてありがとう‼️

▼カープの勝利…その瞬間、高橋巨人が静かに幕を閉じた

巨人は今シーズンかぎりで辞任する高橋由伸監督のもと、リーグ3位からの日本シリーズ進出はなりませんでした。

ファンの皆様、1年間ご声援ありがとうございました。 チームは #クライマックスシリーズ を全力で戦いましたが、広島東洋カープに敗れ、日本シリーズ進出は叶いませんでした。 ファンの皆様の温かい声援もあり、ここまで戦うことができました。 本当にありがとうございました! #巨人 #ジャイアンツ pic.twitter.com/dgQmg2LVXB

試合後チーム全員で巨人ファンにあいさつ 由伸監督、ヨシノブコールに手を振る その後ホームベース付近で緒方監督にあいさつ 緒方監督に「頑張ってください」と笑顔で声をかける 巨人、広島両ファンから盛大なヨシノブコールの中ベンチ裏へ #巨人 #giants #ジャイアンツ #ありがとう由伸監督 #高橋由伸

15年オフ。現役続行から一転し、監督に就いた。「引退即監督」。戸惑うこともあったが、当時の球団は野球賭博問題真っただ中でそれどころではなかった。

就任1年目の16年3月25日のヤクルトとの開幕戦(東京ドーム)。監督として晴れの日となるはずが、試合前のグラウンドで関係者に向けて賭博問題の謝罪を行った。

戦力も過渡期。ドラフトやFA補強なども戦力アップにつながらなかった。1年目は2位に入ったが、2年目は11年ぶりのBクラス。今季は3位も広島には13・5ゲーム差があった。

一方、開幕前に「ケガをしない限り代えない」と若手との心中を宣言し、岡本は6月から4番に据えるほど才能を開花させた。

▼敵も味方もない…マツダスタジアムに響いた「由伸コール」

試合終了後に両チームファンから由伸コール 本当にお疲れさまでした pic.twitter.com/wXvJRsdCed

1 2