1. まとめトップ

シャーロット家・次女モンデはアマンドの次女【ワンピースネタバレ考察】

関連書籍・ワンピースマガジン「ONE PIECE magazine Vol.4」でシャーロット家の娘たちの空欄が設定画で埋まった(あくまで構想段階の娘リスト)。ビッグ・マムの娘ではなく、ビッグ・マムの孫娘達が欠番を埋める誤誘導をした模様。画像あり。

更新日: 2019年08月17日

1 お気に入り 26092 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

当チャンネルがあまりに的確にビッグ・マムの子供達を暴いたためか、作者は苦肉の一手を打ってきた。そして、あくまで構想段階の「シャーロット家の娘リスト(マガジン4の情報)」が事実かのように広まっている。★★★当チャンネルの理解(ワンピースの真相把握)には、かなり重要な情報なので、ぜひどうぞ★★★

ビッグ・マム長女コンポート

推定49.6歳。
顔はまあ、こんなものだろう。目の下のシワと、鼻から口の左右に伸びる「ほうれい線」と呼ばれるシワが老いの証。

フルーツ大臣。

シャーロット家・次女扱いのモンデ

この顔はどう見ても若い。コンポートと比べれば一目瞭然。

目の下のシワや「ほうれい線」が全く無い。推定年齢20歳代中盤。デブなのに、若々しく機敏な動きを見せる。

結論はタイトル通り、シャーロット・アマンド家の次女。アマンドと名前が近い。モンデとは、白い粒のアーモンド(フランス語でアマンド)のこと。
帽子のデザインや髪色、髪質がアマンドと一致している。

ブリュレの言う「お姉ちゃん」は義理の意味。海賊団では格上の義姉妹。団員は全員がマムを義理の母(ママ)とする。

本物の次女はオルビア。誤誘導が必要な理由が分かろうものだ。次女の位置は48歳のキャラが埋まる場所。

ビッグ・マム3女アマンド

推定年齢45歳。
特殊な肌色と顔つきなので、見た目だけで年齢を特定しにくいが、3女の位置だと推定45歳。10男クラッカーは45.9歳など、端数を把握のこと。アマンドは45歳と言われても、別段、驚くような顔ではない。また、振る舞いもオバサン。

子供には26.5歳以上が可能。モンデの年齢が明かされれば、トリックが判明する(だから、明かされることはない)。「モンデ姉さん」と呼ぶシーンもなかろう。

アマンドが若作りの理由は、正体がゾロの母だから。3女という情報も当面は隠されていた。

鬼夫人アマンドと呼ばれるが、夫は鬼人のギン。

シャーロット家4女と5女もアマンドの娘

急きょ4女を描いた模様。見た目はやはり若い。シワも無い。
この女もアマンドの娘ということに。

本物の4女はダダンだと考察。隠す理由は、ダダンの父はガープだから。本物の4女を隠す以上に、ビッグ・マムの夫にガープという真相を隠せる。

作者は4女はダダンだと裏で抱えていたので、4女のイラストを改めて描く必要がなかった。誤誘導する気になるまでは。

名前のアッシュは、粉状のアーモンド。
誤誘導配置された次女~5女は血縁者だと考察できる。

アマンドに5人も娘がいる(アマンドの5女)という思考でもいいが、欠番の「シャーロット家●女」は、ビッグ・マムの孫娘で埋めてゆく方向でもいい。

本物の5女はボニーだと考察。隠す理由は、ボニーの父はガープだから。

44歳のオバンが、へそ出し乳見せルックのわけが無い。股間も見えそう^^;  本物の5女ボニーみたいに若返っているならともかく。

ボニーを誤誘導でビッグ・マムから切り離した以上、「6女カスタードが若い理由は、5女ボニーの能力」という言い訳はもはや不成立。

ブリュレの言う「お姉ちゃん」は義理の意味。海賊団では格上の義姉妹。

名前のエフィレは、スライスしたアーモンド。

娘39人にあった空欄に対し全員が誤誘導で埋まってしまい、もう当てはめる所が無くなった女キャラ。

シラウオのように白い衣装。首も長いし、彼女がアマンドの長女だと想定している。実は隣にモンデが座っているシーン。

「髪の尖ったキャラ」として覚えてもらいたい。

空欄だった次女などが唐突に若い顔で埋まる状況は、作者サイドの誤誘導である証拠。そして、アマンドの長女は行き場がなくなった。

カスタードはカタクリの6女

ビッグ・マムの本当の6女はデボン、7女はルージュ

構想7女はカタクリの娘

ドーナツの名前かな。カタクリの娘にふさわしい。
輪っかになったドーナツに、エンゼル(天使)という名前を付ける。

7女は44歳だと考察(4女~7女は双子×2で、カープが父親)。画像の女はどう見ても20歳代の顔。カタクリの娘は28歳以下が成立。

この女もへそ出しミニスカート。44歳ではおかしかろう。

髪型は植物のカタクリの花をイメージ。
また、当チャンネルでは、カタクリの妻はシャンディアの女アキリアだと考察しており、エンゼルは空島もイメージ。

実はこの髪型の娘は見ての通り2人いる。
しかし、1人だと思っているのか、一方は39人に含まれていない。つまり、どちらかがビッグ・マムの孫娘は確定している。誤誘導を打破する決定的な証拠が「シャーロット・エンゼル」!

2人共に目元のシワや ほうれい線は無い。(表情が柔らかい別シーンで確認)
この女もへそ出しミニスカート。44歳ではおかしかろう。
結論は、2人共にビッグ・マムの孫娘で、カタクリの娘。

【ここまでで一言】
ビブルカードという関連書籍(グッズ)があり、各キャラの年齢や誕生日など情報が記されている。ビッグ・マム編のキャラもVol.1つを使ってカードとなった。……と思いきや、実際には一部キャラクターのみ。それまでの編では、大半のキャラクターがカードとなっているのに、ビッグ・マム編では登場割合が小さい。
しかも、カードが物語本編に追いついたので、ビブルーカードの販売は停止した。ワノ国編が終わるまでは次が出ないのだ。ファンがそれまでのカードを揃えたならば、ビッグ・マム編Part2があれば買うはずだ。ビッグ・マム編ではカード未登場キャラクターはまだまだ残っている。にもかかわらず、停まったことになる。

当まとめの話になり、ここまで長女~7女まで記したが、誰一人としてビブルカードになっていない。3女アマンドはそれなりに目立ったはずなのに出ていなのだ。

マガジン5の構想資料では、実はビッグ・マムの娘の構想年齢が記されている。
当チャンネルの分析では、長女の49歳以外は全てデタラメだと考察。アマンドは47歳となっているが、当チャンネルの分析ではクラッカー(45歳)の妹だと結論。理由としては、次男カタクリから10男クラッカー(45歳) & 真の11男デンまでは、全てクローバー博士が父親で、その後、初めてリンリンが浮気して、レイリーの妻となったと堅く考察しているからだ。よって、11男の妹にアマンドが来ることになり、45歳(年子)というわけだ。仮にビブルカードでアマンドが47歳だと出すと嘘を記すことになったり、時超えなど余計な設定追加が必要となる。一方、真の年齢である45歳と記すと、構想資料(47歳)がデタラメだとバレてしまう。次女、4女、5女、6女、7女に至っては偽者だし、年齢もデタラメ。よって、カードなんかにできるわけがない。長女コンポートと3女アマンドだけカードになったら、偽者があぶり出されたも同然。
もちろん、全員がボニーの能力で年を取ったことにすればいいが、元々がそんな必要がない誤誘導なのだから、そう単純な話でもない。

以上はあくまで、7女までの話、9女~13女も全員が偽者だし、それ以降も続々と偽者がいる。ビッグ・マムの子供の大半がボニーの能力で若返ったり、トキの能力で時超えなんて裏設定を、作者は気分的に追加できるわけがない。特別な事情(ビッグ・マムの真の息子フランキーの存在を隠したい)があればピンポイントでボニーの能力はありにせよ(19男モンドールは設定がおかしい:別まとめで)。

抜けている箇所もあるが、おおむねキャラが埋まる。

頂上戦争からシャボンディ辺り。
当チャンネルですら名前を知らないような、どうでもいいキャラ(端役)も多い。

アッホ・ヅラコの父親までカードになっているのに、ビッグ・マム編は、どうなっているの?

0から200番台も、実にどうでもいいキャラがいる。ルフィの描いたナミ魚人までカードになっている。作者には知られたくないキャラがいるということだ。

空欄だらけ。
2回3回に分けて、ビッグ・マム編のキャラを埋めてゆけばいいのに、当面は続編なし。

ビッグ・マム編の1000番台は、鬼夫人アマンドすらいない有り様。5男オペラや16男モスカートもいない。

実際には300,700,800,900番台にも空欄は目立つが、1000番台ほどスカスカではない。むしろ、1000番台でこうなることを見越して、不自然でないよう、300番台にも目立った空欄を作り出したと考察できる。

実は1100番台の前半もビッグ・マム編なのだが、更にスカスカ。番号は50近く使っているのに、4人しかいない。しかも、3人は過去の巨人なので、現役キャラはたった1人(フランペ)。

ビブルカードには過去キャラもラインナップに入る。
当チャンネルはビッグ・マムの父母の名前や年齢を知りたいのだが、その2人もビブルカードにはいない。ビッグ・マム編がこうまでスカスカだと、なんのためのグッズなのか意味不明。

勘違いしてはいけないが、人物がカードになっても、必ずしも年齢が埋まるわけではない。ロジャーの妻ルージュ(ルフィの母親)すら年齢は非公開となっている。まあ、これの理由は簡単。ルージュとボニーの能力は同じで、ルフィに非効率に寿命を提供することで胎児の成長を制御した。となると、ボニーが推定24歳なら、死ぬ前のルージュは推定80歳代となる。こんなことを記したら、ルージュが能力者だと判明する。ルージュ、ガープ、ボニーが繋がってしまう。まあ、当チャンネルはとっくにトリックを解いたので、的確な考察者の候補が現れても、考察前に当チャンネルを発見できよう。

ビッグ・マム8女ブリュレ

ブリュレは本物の8女。父親はレイリー。
ドフィの元妻だったが逃げられ、ドフィは逃げる時にビッグ・マムの41男デリンジャーを人質に奪った。その失態で、ブリュレはマムに寿命を抜かれ、老いたと考察。ビッグ・マムの子が老いている場合には不自然ではない。推定43.6歳。

ヘマをしたブリュレは、海賊団での序列は下の方になった。姪を「姉さん」と呼ばされる始末。大臣の称号も剥奪され、娘のブロワイエが担当。弟のモンドールよりも格下となったが、それでも姉貴と呼んでもらえている。

一方、次女、4~7女、9女ブロワイエは若すぎ、ビッグ・マムの孫娘だと考察できる。

構想9女はブリュレの娘

メレンゲ大臣(卵白を泡立てた食材)。ブリュレは大臣をクビになり、娘のブロワイエが担当かな。

ブリュレの娘は25歳以下。
丁度、ブロワイエの見た目と一致。
ブリュレのような老いは寿命剥奪で説明できるが、若返っているのは極めて不自然。
実は剣士で、祖父レイリーの属性。

父親はドフラミンゴ。ブリュレ+フラミンゴ→ブロワイエ。

本物の9女はソラ。誤誘導が必要な理由が分かろうものだ。ビッグ・マム9女は42.8歳程度。

ブリュレとブロワイエは誕生日が著しく違うので、双子というのはガセ。もっと酷いガセは、「作者は誕生日は適当なんだ」という話。

【構想資料がデタラメである決定的証拠】
次は構想資料
43歳……ブリュレ(3/6)、ブロワイエ(12/26)……8番目の夫
42歳……ヌストルテ(1/23)、バスカルテ(1/23)、ドスマルシェ(1/23):ドスマルシェだけ老けている……9番目の夫

ビッグ・マムが毎年産んでいるのは公式。
・ブリュレとブロワイエは明らかに別出産
構想資料を信じると
・12/26にブロワイエを出産し、翌月にヌストルテ達というのはおかしい。
・ブロワイエの翌年の翌月にヌストルテ達だと仮定すると、年齢が合わないし、「ビッグ・マムが毎年産んでいる」が破綻。
つまり、構想資料は実際の物語とは異なる。

【何が真実か】
・ブロワイエはブリュレの娘で、9女には作者が知られたくない人物・ソラがいる。
・ドスマルシェは長女コンポートの夫で、14男には作者が知られたくない人物・ティーチがいる。

カスタードやブロワイエの顔がいかに若い把握しよう。

1 2 3