1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

平成をザワつかせた男

幼少期をスイスで過ごし、高校時代はサッカー全国選手権大会で3位。慶應義塾大学在籍中からモデル・俳優としてテレビに露出し始め、2006年には『仮面ライダーカブト』で主演に抜擢。

執筆した小説や原作・脚本を担当したミュージックビデオが高く評価されるなど、多方面で活躍。

あとは、水島ヒロが『KAGEROU』の執筆をあえて本名の齋藤智裕で行ったこととか。当時はなんだか物議を醸してましたが、有名人であるという色眼鏡を排して評価してほしいという思いからそうした、みたいな話も耳にしましたね。

2009年には絢香と結婚

水嶋さんと絢香さんは2009年に結婚。2015年には長女も生まれ、今年結婚9周年を迎えた。

2009年、病を患い活動を休止する妻を支えたいという思いで、結婚を決めた水嶋ヒロさん。

娘が生まれて生活が一変したとか

「一人寝のトレーニングを始めるために、生活の動線を踏まえてどうすれば娘にストレスを感じさせずに過ごせるか。事前に計画を立てて、環境をガラリと変えました」

仕事と子育てを両立するために「子どもが寝たあと21時頃には寝て、毎日朝4時に起床してリビングで仕事をしています」と言う水嶋。

「生まれてきた娘は、当たり前かもしれませんが、頭で想像していた姿とはまったく違ったんです。彼女の大きくて清らかな瞳に見つめられると、まるで全てを見透かされているような、そんな気がしました。この子のために、しっかりしなきゃって思ったんですよね」

今年に入り、短髪姿を公開し話題に

今年の3月に大胆なイメチェンをして短髪になった水嶋。今回投稿された写真にも短髪で写っており、顎には髭を蓄えている。

同日更新したブログでは「楽」だからと、しばらく短髪のままでいると「宣言」した。

2016年には大手IT会社のCLOに就任

「アルバイトEX」や「転職EX」といったライフスタイルを支援するサービスを手がける株式会社じげんのChief Lifestyle Officer(CLO)に就任

ちょっと待って、水島ヒロってじげんのCLOなの!?

「生活機会(より良く生きるための選択肢)の最大化」の実現を目指し、外部の立場から「自分らしい生き方」を選択できる社会の実現に向けてじげんの事業・組織が提案するライフスタイルの充実を推進する責務

うおおお...!!

さらに、活動を加速させるべく新会社を設立

1 2