1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

GO鬼塚を称えよ GO鬼塚 is God.

さもぷりさん

ダイナレスラー・パンクラトプスとは…

星7/地属性/恐竜族/攻2600/守 0
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):自分フィールドの「ダイナレスラー」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

フォトン・スラッシャーとサイバードラゴンを合わせたような緩い特殊召喚効果
禁止カードである十二獣ドランシアのような除去性能
2600という高い攻撃力
これらが魅力のモンスターである

先行ではやや腐り気味の効果であるため、大会などではサイドデッキなどに投入される
レベル七の多いデッキであれば七星の宝刀などと合わせてもよい
ペンデュラム召喚してもいいだろう

スキルドレインの影響下でも使用が可能
なので打点確保と簡易的なサイクロンを兼ねる優秀なカードとして使える

その性能の高さ故に登場直後から環境でもサイドデッキの採用率が高い。
上述した通り(1)の効果の特性から2戦目以降の先攻・後攻次第で入れ替えられることが多い。

レア度

これほどの強カードにもかかわらず、レア度は「ノーマル」となっている。
モンスターカードであるため、一箱から三枚以上は入手可能というのもうれしい。
カードショップのストレージにも入っている事が多い。

(魔法、罠カードは一箱に一枚か二枚しか入っていない。そのためストレージにも汎用性の高い物は殆どおいていないことが多い)

分かりやすいカードなので、初心者でもとりあえず持っておくといいだろう。
いつまでも使えるカードとして活躍してくれる。

相性の特に良いデッキ

とりあえず適当に入れても強いカードだが、ここでは特に相性の良いデッキを紹介する

レベル7なので《究極進化薬》によるリクルートに対応している。【ダイナレスラー】型にして他のカードとのシナジーを持たせれば面白い動きが可能に。

恐竜族サポートによる高速サーチと特殊召喚、驚異の粘り強さを得ることができる

忍者系カードを出張させても面白い

除去の足りないレッドアイズデッキでは貴重な除去カードとしても使用できる
また、ランク七の素材としても活用可能
他にも【ブラック・マジシャン】や【竜騎士ガイア】、【幻獣機】などにもレベル七繋がりではいるかもしれない

スキルドレインの効果を受けず除去することが可能
同じくマクロコスモスなどの次元系カードも共存できる

逆に相手に使われた際は、パンクラトプスを使うことで破壊が可能

共存することも、メタとしても使える

出張性能は…

単体でもその出張性能は非常に高い。
しかしダイナレスラーテーマ内のカードを合わせることで、さらに強力な出張セットとして使うことができる。
しかしその分、デッキを選ぶことになってしまうので注意

フィールド魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ダイナレスラー」モンスターが存在する場合、
お互いのプレイヤーはバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。
(2):自分の「ダイナレスラー」モンスターの攻撃力は、
相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ200アップする。
(3):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ダイナレスラー」モンスター1体を特殊召喚する。

そこそこのフィールド魔法だが、注目すべきは三番目の効果。
墓地発動でデッキから「ダイナレスラー」を特殊召喚できるのだ。
レベル制限なども無いため、いきなりパンクラトプスを出すことも可能。
出来る限り早めに墓地へ送り効果を発動したい。

しかしただ採用するだけでは墓地へ送り辛いため、他のカードと合わせて使用したい

盆回しで相手に送り付ければ妨害ができる。
他のフィールド魔法を使うデッキにワールド・ダイナ・レスリングと共に入れればパンクラトプスを出しやすくなる。

他にも「おろかな副葬」を使うデッキや「サモン・プリースト」を使うデッキに投入してよいだろう。

ダイナレスラーの中でもパンクラトプスにつぐ汎用性の高さを持つ
単体でも攻撃力が高く、「墓地へ送られる」という簡単なトリガーで効果を発動できる
この効果でパンクラトプスを蘇生できるため、このカード自体が相手にプレッシャーを与えることにもなるだろう

恐竜族をサーチできるカード
パンクラトプス自体は『化石調査』でサーチができないためこのカードから間接的にサーチすると良い

制限カードなので複数つめないのが難点


②の効果が上手く決まればパンクラトプスなどを蘇生できる
狙って使うのは難しいかもしれないが、覚えておいて損は無い

このカード自体はパンクラトプスと相性が良いわけではない
しかし上記のシステゴやオヴィラプターをサーチできる

恐竜最上級モンスターを呼び出す強力カード
単純に使っても強いが、その場合は除外コストがキツイ
除外をアドバンテージに変えられるデッキで使うといいだろう

パンクラトプス、アニメ作品に登場する

OCG化した後にアニメ遊戯王にも登場している
効果で特殊召喚されダイナレスラー・キング・Tレッスルのリンク素材となる。
次の鬼塚のターンにコストとして墓地から除外された。
破壊効果などは使用していない

元ネタ

名前の由来は「パンクラチオン」とトリケラトプスを組み合わせたものである
パンクラチオンとは、打撃と組み技を組み合わせた古代ギリシャの格闘技で、勝敗は相手のギブアップで決していた。
腕を上げることでギブアップの意志を示すことができたが、多くの場合は一方の死を意味していた。
また、目つぶしや噛みつきのみを禁止しており、指や骨を折ることが許されていた。
現代の日本の総合格闘技団体などでも、このパンクラチオンをもじった名前が使われている事もある。

余談

・遊戯王に登場するトリケラトプスモチーフのモンスターの中では、顔のデザインだけは元ネタに最も忠実なモンスターである
・OCG先行カードであり、アニメ版よりも先に登場している
・OCG版イラストとアニメ版のデザインを比べると、OCGの方が目が大きく愛嬌がある
また、パンツはアニメ版の方が小さい

1 2