1. まとめトップ

【サッカー】イタリアの人気選手デ・ロッシの発言が日本人を感動させる!!!

ASローマのバンディエラであるデ・ロッシの発言が日本人を喜ばせる!!

更新日: 2018年11月10日

1 お気に入り 2352 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.n.24さん

人気選手が日本人を喜ばせる

元イタリア代表
ASローマ主将

ローマ生まれのローマ下部組織育ち。ローマでは"王子様"トッティに次ぐ人気を誇る。優れたフィジカルでのハードマーク、正確な両足からの展開力、ユース時代にFWを務めていたことからくる得点力、そして運動量と攻守に必要な要素を多く備えている。

トッティが居なくなった後はデ・ロッシが一番人気!!

映像

セントラルミッドフィルダーのお手本、ファイターであり、ボールも散らせて、強烈なシュートも持っている!!

オフに日本を訪問してくれた。。

日本への気遣い

デ・ロッシは日本訪問中、東京に加え、京都や大阪、広島などを観光したが、自身が両腕などにタトゥーを入れていることから不安を感じていた。

「タトゥーをあまり歓迎していない人がいることを知った。悪い意味でのサプライズを避けるために、どこなら行っても問題がないのか、どこへ行ったらタトゥーを隠すべきなのかを事前に尋ねた。僕らはゲストであるから注意深く、伝統文化には大きな敬意を払わないとね。タトゥーは昔、マフィアを連想するものだったから、高齢の方はあまり受け入れていないようだ。僕はマフィアっぽくないだろ(笑)」

人格者、日本の事を気遣ってくれる優しさが嬉しい。。マフィアっぽいけどね。。ワラ

ローマ愛

現在35歳のデ・ロッシは、クラブとの現行契約が2019年6月までとなっており、一部ではシーズン終了後に退団することが噂されていた。しかし今回の報道によると、長年在籍したクラブと新たに1年延長し、年俸150万ユーロ(約1億9200万円)とボーナスを給与として得る契約で合意したという。同メディアによると、現在得ている額の半分ほどであり、減俸を受け入れた模様。

デ・ロッシが他のクラブでプレーするなんて考えたくもない。。

今シーズンは主将マークで反論

骨折してもプレー

代表引退

イタリア代表でのデ・ロッシが観れなくなるのは淋しい

イタリアは現地時間11月13日、ワールドカップ欧州予選プレーオフ第2レグでスウェーデンと引き分け、2試合合計0-1で本大会行きの切符を逃した。60年ぶりとなるW杯予選敗退という結果で、アッズーリ(イタリア代表の愛称)は世代交代を余儀なくされる。

 失意のうちにアッズーリを去ることになったのは、ロシアW杯での現役引退を表明していたジャンルイジ・ブッフォンだけではない。36歳のアンドレア・バルザーリと34歳のダニエレ・デ・ロッシも、試合後に代表引退を明らかにした。

デ・ロッシは試合後のインタビューで「(ユース時代を含めて)俺はアッズーリで16、17年プレーしてきた。このユニホームをもう着ることがないのかと思うと、正直辛いよ。試合後のロッカールームは、葬式みたいな暗い雰囲気だった」と、失望を露にしている。デロッシの代表キャリアがこんな感じで終わるとは思ってなかった。。

紳士な行動

マフィアっぽい

ファン

デ・ロッシがアタッカーの為にウォームアップを断ったという記事を読んだよ。私にとっては、彼の振る舞いはとても偉大な行為だ/レーヴ(ドイツ代表監督)

デ・ロッシは、「タトゥーは昔、マフィアを連想するものだったから、高齢の方はあまり受け入れていないようだ」と語りながらも、「でもさ、僕ってマフィアっぽくないだろ?(笑)」とジョークを飛ばしてみせている。

気をつかってくれてありがとう あなたの気持ちに応えて、あなたのことをタトゥーも含めまるごと受け入れる優しい日本になったらいいな 親日家デ・ロッシ「日本は大好き」敬遠されるタトゥーにも「伝統には敬意払わないと」 | ゲキサカ web.gekisaka.jp/news/detail/?2… #gekisaka

デ・ロッシの記事が今の日本に必要なおもてなしだと思う‼日本人はタトゥー=刺青まぁ同じ様なものかも知れないけど意味は違うと思う❗せっかく日本が好きで来たのに嫌な目で見られたり差別されるのは悲しいでもタトゥー問題は日本では永遠の課題なのかな⤵ pic.twitter.com/pgqvGAJ6iN

1 2