1. まとめトップ

山崎育三郎に膝枕する岡田将生『昭和元禄落語心中』(第3話)

二つ目の落語家として壁にぶつかっていた菊比古(岡田将生)は、親友の助六(山崎育三郎)へのコンプレックスに悩む。そんな八雲を芸者みよ吉(大政絢)が恋人として支え…。みよ吉の言葉と鹿芝居の経験を経て、ついに菊比古が覚醒した。

更新日: 2018年12月13日

1 お気に入り 5255 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◇さらに評価を高めた第2話

国策として、落語や漫才といった芸事は低調卑属とされており、落語界は衰退の一途を辿っていたという事実を描くことで、ストーリーにより深みが出てくる。

◇第三話あらすじ

二つ目になった菊比古(岡田将生)は、地味で華のない生真面目な芸が客に受けず、思い悩む。

対照的に、親友の助六(山崎育三郎)は柔軟な芸風で人気を集め、人気も実力も及ばない菊比古は、さらにコンプレックスを募らせる。

そんな八雲に芸者みよ吉(大政絢)は惚れ込み、恋人として支えた。やがて八雲は自分の芸を光らせるヒントを掴(つか)み、芸人として飛躍するきっかけを得る。

◆第3話スタート ボーイで食いつなぐ菊比古

んんん、ここはもちっと 菊さんがアイドルになるっぽく(笑) んでアイドルにたかる闇アイドルいるっぽく(笑) #昭和元禄落語心中 pic.twitter.com/rbUBgqoVyh

信さん「(落語一本でやってきたいから)働きたくないでござる!( ー`дー´)キリッ」 菊さん「ヲイ…(-_-メ)」 #昭和元禄落語心中 #落語心中 #rakugoshinju

師匠に作ってもらった紋付を質に入れちまった。 この話、五代目古今亭志ん生の逸話からかな。真打ちになるとき作ってもらった紋付を質に入れて呑んでしまい、真打披露の時に紋付がなくて困ったことがある。 #昭和元禄落語心中 pic.twitter.com/8QdI7Haz5r

◆助六に嫉妬する菊比古

某師匠「(菊、)ちゃんと食ってんのか?しゃーねぇなぁ…。そば頼んでやるよ!」 信さんを含む若手一同「あざーっす!!!」 某師匠「おぉ、もう…」 #昭和元禄落語心中 #落語心中 #rakugoshinju

1 2 3 4