1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hvudrhnv84さん

アフターピルとは

アフターピルは万一、避妊を失敗した時の為の緊急用ピルです。

女性が"やむを得ず"避妊に失敗した際に、ホルモン避妊薬を服用することで、妊娠を回避する 事が出来る方法です。

アフターピルは性行為(SEX)後72時間以内に服用し、その12時間後に2回目の服用をします。アフターピルは医師による処方が必要となる為、まずは当院へお問い合わせください。

アフターピルの市販なし、医師による処方のみ

アフターピルは、一般のドラッグストアなどでは販売されていません。アフターピルを購入するには病院を受診し、処方される必要があります。

アフターピルを処方する診療科としては、産婦人科が一般的です。内科などそれ以外の診療科であっても、医師がアフターピルについて知識を持っていれば処方できる場合もあります。

アフターピルが必要な場合は事前に処方可能な病院を調べ、確実に入手できるところを受診しましょう。

避妊は時間との勝負

お願いしてもパートナーが避妊をしてくれないという人はもちろん、日頃からコンドームで避妊をしているという人も、
100パーセント安全というわけではないので、いざという時のためにアフターピル通販で手元に1箱持っておいてはいかがでしょうか。

性交後24時間以内なら約95パーセントというかなり高い確率で、72時間以内なら75パーセントという確率で避妊できると言われています。
アフターピルにもよりますが、120時間以内であれば飲まないよりは飲んだ方がまし、という場合もあります。

アフターピルは、避妊に失敗したと分かった時点で、どれだけ早く服用するかで避妊成功率が変わってくるんです

緊急時に備えてストック

妊娠を望まない性交渉では避妊をするのが常識で、その避妊にはコンドームを使用するのが一般的です。ですが、きちんと装着していてもコンドームの避妊率は90%程です。途中で外れる、破けてしまうなどのトラブルがあるからです。アフターピルをもっておくべき理由はそこにあり、避妊に失敗した時の緊急避妊薬として有効だからです。

アフターピルは薬局では手に入らず、病院で処方してもらうしかありません。個人輸入にしてもいつ届くのか保障もありません。

あらかじめ病院で処方してもらう、個人輸入で入手しておくなどしてストックしていればいざという時安心なわけです。

アフターピルは服用時間によって避妊率が左右される薬なので、手元になく早急に必要な場合病院で処方してもらいましょう。
通販で購入して備えておくことで緊急の際すぐに使うことができます。

普段からするべき避妊方法

コンドームは男性が装着して、精液を膣の中に出さないことで避妊する方法です。正しく使用しないと他の避妊法に比べて避妊率は下がりますが、比較的簡単に購入でき、性感染症の予防にも効果があります。

ピルとコンドームの併用によって、避妊と性感染症予防の両方の効果が得られて、より安全に性行為を行うことができます。

1