1. まとめトップ

ハイヤー求人・ハイヤー会社転職成功ポイントまとめ

このまとめでは、ハイヤーとタクシーの違いやハイヤー会社に転職するために必要な資格、ハイヤー会社への転職を成功するためのポイントをまとめています。

更新日: 2018年10月23日

1 お気に入り 2028 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハイヤーとタクシーとの違いは?

大きな違いは、営業車輌にメーターが付いているかいないかという点です。これは何を意味しているかというと、タクシーはメーターで距離を測り、乗車した距離でお客様からお支払いいただきますが、ハイヤーにはメーターが付いていません。距離を測るのではなく、時間貸し切りなのです。
そして、ハイヤーは営業所で事前に依頼を受けて、お客様を迎えにいくという、タクシーとはまったく違う営業方法をとります。このように営業の仕方から売り上げ方法までまったく違うものなのです。

・ハイヤー

昔の写真で出ています!2008(平成20)年の全国戦没者追悼式にご参列される、天皇皇后両陛下の車列を撮影させて頂く間に見掛けた、10代目150系後期型?のトヨタクラウンの東都自動車ハイヤーですが・・・こちらもいつ頃まで現役だったのでしょうか?2008年8月15日撮影、 pic.twitter.com/cOyp1rJVD7

昔の写真で出ています!今から11年前の2006(平成18)年8月15日の戦没者追悼式に御臨席された方々をお乗せして帰路に就く、公用車&ハイヤーも少々撮影しておりましたのでご紹介を・・・フェンダーミラー車とドアミラー車が順々にやって来たのは11代目170系トヨタクラウンでした! pic.twitter.com/26r5D4WesS

道路運送法には、ハイヤーを定義する条文は特に存在せず、ハイヤーはタクシーの一種として位置づけられている。総称して、「ハイタク事業」とも呼ばれている。

タクシー業務適正化特別措置法にて、「この法令の記述で用いる用語」として以下の記述がされている。

・タクシー

ズラーっと並ぶセドリック(しかも全車フェンダーミラー!) いつ見てもかっこいいですね。(自画自賛 pic.twitter.com/tDp8d9JDNp

日本では、経営形態の差異により、主に複数の運転者・複数の車両により経営許可を受けた法人(企業)により運営される、いわゆる「法人タクシー」と、運転者自身が1両の車両のみを用いて運行する「個人タクシー」に分類されている。

タクシーは流し営業ができるがハイヤーはできない

タクシーは駅や空港・港湾・観光地・市街地などに設けられたタクシー乗り場から乗車するのが基本であるが、電話で任意の場所を指定して呼び出すことも可能である。上級のホテルやレストランなどでも、タクシー乗り場を常設したり、利用者の要求に応じてタクシーを呼び出してくれるサービスを行っていることもある。また、都市によっては、タクシーが空車状態で走行する、いわゆる流し営業が行われており、その場合は空車を表示しているタクシーを見つけ次第、その場でタクシーに向かって手を上げることで乗車できる。

以上のような方法でタクシーに乗り込んだら、運転手に行き先を告げて目的地まで運んでもらう。

タクシーでは、運転手は旅客が希望する任意の場所までの移動を引き受け、目的地へ到着したら旅客から対価を受け取ることで商売が成立している。旅客が乗車している際には旅客の貸し切り状態となるため、密室空間が完成する。

ハイヤー、タクシーの運転手に必要な資格は?

@sanjonoanoko 車は車でもタクシーとかハイヤー乗るのに必要な2種免許ですな〜 普通自動車1種よりも法令とか覚えなきゃならないから難しくなってる免許ですん

タクシーやハイヤーであっても、運転する車両にお客さんを乗せない場合、例えば回送や修理のため、 移動のために運転する場合などは二種免許は必要ない。【解答:○】 旅客(お客さんが乗っている状態)のみ二種免許が必要となる。 #自動車免許 #普通免許

二種免許の難易度は?

@mrmbackdoor kyosyujyo.co.jp/Column/375.htm… やはり二種免許は不特定多数の客を安全に乗せるための技能が求められますね。 難易度も高くなるし、応急救護のようなスキルも必須となるようですね。 当然の要件だと思います。 ボランティアとはいえ、不特定多数を乗せるのなら、事実上二種免許は必要と思うんですけどね。

@HokutoKiha281 ※普通免許持ちの場合 二輪免許   ←普通 9,5904円 難易度:低 運行管理者  ←基礎講習8400円+受験料6000円 難易度:中 大型二種免許 ←49,7232円 難易度:鬼

二種免許の取得費用を負担してくれる会社もある

タクシーでは、運転者が事件・事故を起こさないように様々な取り組みをしています。運転者登録制度、地理接客試験、適性診断、適齢診断、あとそもそも二種免許、運行管理。費用はかかりますが会社負担でやっています。やはり安全が何よりも大事ですし、これまでの事故をふまえて出来た決まりですね。

クマタクで働くとこんな特典が! ・二種免許や観光検定等、資格取得は会社負担! ・タクシー会社なのに完全歩合じゃない!最低補償額あり! ・スマホ、AI、電子マネー、ナビ等最新システムが揃ってる! ・面接の時に面接官が「オレサマ オマエ マルカジリ」とか言わない! ・車のパーツ食べ放題!

☆月12回勤務 ☆明け休を含む休みは年間221日(有給別) ☆入社1年目から242,000~356,000円稼げる ☆自分の頑張りが収入になる ☆ノルマ無し ☆煩わしい人間関係無し ☆二種免許取得費用会社負担 ☆入社半年は240,000円保証なので安心 タクシードライバーはいいお仕事だと思うんだけどなぁ。

ハイヤー運転手の給料は?

ハイヤーのドライバーは、タクシードライバーと異なり流し営業を行いません。そのため、基本的には営業所で指示があるまで待機しています。しかし、タクシーのように歩合給の割合の方が多い場合、これでは中々まともな給料を得ることが出来ないため、ハイヤー会社の多くでは基本給に歩合給を足して給料を支給しています。一般的な基本給は大卒の方の初任給より少し少ない程度の値段で、それと走った距離と時間に合わせて歩合給が支給されます。どの程度の運転したかにもよりますが、大体1か月の給料は30万超えくらいが基本となっています。

ハイヤー会社、転職に成功するためのポイントは?

ハイヤーのドライバーとして活躍したいと考えた場合、まずは情報を集める必要があります。というのも、転職を成功させるためには少しでも多くの情報を集める必要があるからです。情報化がこれだけ進んだ今、インターネットを使ってしまえば簡単に必要となる情報を集めることが出来ます。そのため、まずはインターネットを使って転職に必要となる情報を集めることから始めてみましょう。というのもインターネット上には今現在実際にハイヤードライバーとして活躍している方が記載した情報が数多くあります。この情報を活用することが転職成功への第一歩と言えます。

1