1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ツイッタートレンドをまとめています。

AsadaIchiroさん

大麦は家畜の飼料や食用にも使われており、日本では輸入分も含めて約30%がビールに使われる。日本でも、例えば約300円の500ミリリットル缶の価格が約390円上がって2倍以上になる可能性があるという。

研究チームは、四つの気候変動シナリオをもとに2099年までの大麦収穫量を予測。気候変動の影響が大きいシナリオでは、大麦の収量が減ってビール製造に十分回せなくなり、世界のビール消費量の16%にあたる約300億リットル分が減り、今世紀末のビールの価格は2倍になるという。

今世紀末にビールの価格が2倍になろうとも所得倍増計画を10年で達成すれば全く無問題 # そこじゃない

どうしても「今(いま)世紀末、ビールの価格が2倍」の荒くれ者の酒場に見えてしまう

13時00分現在のトレンド: ODA終了 トーバルズ氏 宝石の国 POP VIRUS #じゃがりこ誕生日会 宇宙兄弟 #突然レンズが生えてきた 習志野 #ij954 教育費未納 #前田デザイン室 #イケるっしょ 従業員の熱意 ヘッドセット開発中止 ビール価格2倍 対中ODA...

は?????? ビール価格2倍とか死活問題なんですが??????え?????? twitter.com/livedoornews/s…

異常気象が増えると、ビールの価格が2倍以上に。こんな予測を米国や中国などの国際研究チームが英科学誌に発表しました。主原料の大麦の収量が大幅に減るためだそうです。 今世紀末、ビール価格2倍に? 異常気象で大麦に異変:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASLBM… #環境 #気候変動 #温暖化

【気候変動】今世紀末、ビール価格2倍に? 異常気象で大麦に異変 news.livedoor.com/article/detail… 深刻な猛暑などの影響で大麦の収穫量は大幅に減少し、例えば約300円の缶が約690円まで上がる可能性があるという。 pic.twitter.com/rGFWhotqfb

1