1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
43 お気に入り 164812 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼加齢とともに悩まされる

毛母色素細胞が産生するメラニン色素が欠乏し,毛髪が色調を失った状態。

「人間の髪の毛の色は元々白色で、黒髪の色の素であるメラニン色素を作り出す色素細胞(メラノサイト)が黒い色素を注入することで黒髪となるのだが、

このメラノサイトの働きが加齢などの要因で弱まり、黒い色素を作り出せなくなるため白髪となる」という説が最も有力である。

「白髪をカバーする対策」と言えば、誰もが最初に思いつくのが「髪を染める(カラーリング)」という方法。

▼男性の白髪は受け入れられやすいものであった

1955年のアメリカ映画「旅情」で主演したロッサノ・ブラッツィのロマンス・グレーで女性の人気に火が付き、一般的に定着するきっかけとなった。

ロマンスグレーは風格や貫禄の象徴。 大人の色気やかっこよさをアピールする絶好のポイント。

ピーターのロマンスグレーのマッシュルームいいね。私の白髪はまだ半端すぎて貧乏臭いけど、もちっと年取ったらやってみたい。

ロマンスグレー良き メッシュな白髪も良き 色気のある皺と余裕のみえる所作 おじさんは良い(本日2回目)

▼一方で女性の白髪はと言うと

女性の白髪は男性より、「年齢を感じる」「見た目が美しくない」などマイナスイメージが強い。

@carcho1980 白髪の女性も素敵だけどねぇ…。ほんと、あの女性が年取ることに対して、妙にマイナスイメージなのは何なんだろうかね…。女性もロマンスグレーであっていいと思うし、重ねたしわも愛おしいはずなのにさ…。女性は若いほうがいいっていうのは、どうしてなんだろうかね…。

やっと白髪染めした。 男性の白髪は結構絵になる人多いけど、女性の白髪はマイナスなことが多いと思う。

▼しかし近年『白髪染め』を行わない人が増えている

あえて白髪を染めず、ありのままの髪色を楽しむ人も増えている。呼び名も白髪ではなく「グレイヘア」と、洒落た名がついている。

60代以上の女性がモデルになった写真集やスタイルブックが相次いで発売されたり、これまで否定的に捉えられがちだった白髪を美しく整えて、生き方や個性にしている人を特集するメディア(雑誌やテレビ)が増えています。

同世代はもちろん、比較的若い女性たちも先輩たちに向かって「格好いい」「素敵」「私も将来あんな風になりたい」と賞賛の声を上げた。

男性だけどうちの会社にも白髪だけど銀髪のように綺麗で若々しいひとがいるんだよね。そういう白髪に憧れるわ。染めるの手間がかかるし合わないとかぶれるし。 「グレイヘア」は女性の解放――染めない勇気が生き方も変える news.yahoo.co.jp/feature/1120 #Yahooニュース

そういやさあ、半分白髪半分黒髪の女性が空港にいてね。綺麗に髪をまとめておられるだけで白髪のマイナスな印象が素敵グラデーションヘアにみえた。わたしボサボサだけどああいう白髪の域に到達したい…でも美容師さんにまだ早いと言われる

1 2