1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼スペインの世界遺産であるサグラダ・ファミリア 2026年に完成予定

サグラダ・ファミリア(カタルーニャ語: Sagrada Família)は、日本語に訳すると聖家族贖罪教会(カタルーニャ語: Temple Expiatori de la Sagrada Família)という正式名称を持つ、スペインのバルセロナにあるカトリック教会のバシリカである。日本語では聖家族教会と呼ばれることも多い。

サグラダ・ファミリアは、スペインを代表する建築家のアントニ・ガウディの傑作。1882年から136年間にわたって建設が続き、ガウディの死後100年に当たる2026年の完成を目指している。

▼サグラダ・ファミリアは違法建築だった!?

1882年に建築が始まり、なお未完のスペイン・バルセロナの世界遺産サグラダ・ファミリア教会が、市の建築許可を得ずに工事を進めていたとして、教会が3600万ユーロ(約47億円)の「解決金」をバルセロナ市に支払うことでこのほど合意した。

地元紙バングアルディア紙が報じた。

▼本当にサグラダ・ファミリアは違法建築なのか? 教会と市役所で意見が対立

ニューヨークタイムズによると、サグラダ・ファミリアの理事会は、1885年に当時は独立した町だったサン・マルティー地区が発行した建築許可証を持っているとして、不法建築ではないと主張していた。

一方、バルセロナ市の当局者は、その数年後にサン・マルティー地区がバルセロナに吸収合併されたため、バルセロナ市の許可が必要だと主張。サグラダ・ファミリアの理事会は「1世紀以上も誰もそんな要求をしなかった」と反発していた。

▼サグラダ・ファミリアの罰金47億円・・・・これをただの茶番だと見るネット民も

行政が教会管理局に税金投入してそれを使って管理局が制裁金を払って再び行政に戻ってきて教会周辺整備に使う。

違法行為だと指摘され法的処分を表向きに形だけやった茶番です。

建物の計画が大き過ぎて周辺の道路とか跨ぐからどうなんのかと思ってたら、罰金の名目で予算取って市が周辺整備やりますってことか

完全な出来レース。

サグラダ・ファミリアの建設費という名目の金インフラ整備に使えない。

そこを変えるための出来レース裁判。

▼世界遺産であるサグラダ・ファミリアが違法建築だったとの報道にネット民の反応は?

片田舎の掘っ建て小屋ならともかく、あんな世界的に有名な建物が無許可のまま

工事してるのに133年間も放置していた行政側の完全な怠慢だろ。

環境整備のために教会から寄付金をふんだくったか。
困ったから、にしてはあまりかっこいい方法ではないな。

1