1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼コントに定評のあるお笑いコンビ

2003年に『エンタの神様』に出演して頭角を現す。2005年にレギュラー番組『はねるのトびら』がゴールデン進出に成功して大人気を博したこともあって本格的にブレイク。

堤下は昨年6月に自損事故、10月には追突事故を起こし先行車の乗員にケガを負わせた。事務所は直後に謹慎処分を科したと発表。

コンビの活動を再開

板倉は堤下の謹慎中に“やさぐれキャラ”としてプチブレーク。相方の不祥事をネタに不幸ネタで笑いを取っていることに、梶原は「堤下を忘れさせないように…」と板倉の配慮を指摘。

堤下は事務所を通じて「これからは、初心に戻り、自らを律しながら、一歩ずつ、活動を再開してまいります」とコメント。

▼好感度が抜群に高い

「好きな芸人ランキング」調査で上位常連であり、今や好感度抜群のお笑いコンビとして高い人気と実力を兼ね備えるサンドウィッチマン

2007年12月23日、M-1グランプリ2007において、大会初、敗者復活枠からの優勝を果たす。

そんな二人のコンビ愛は時に話題となり

学生時代からの同級生で、下積み時代は同じアパートに同居していたり、伊達さんをお笑いの世界に誘った冨澤さんが伊達さんとの“7つの約束”を全てかなえたりと、コンビ愛がたびたび話題に。

そして最近話題となったのが誕生日の言葉

伊達さんの体調を「今では血圧が高く、毎日お風呂に入ると鼻血が出るそうです」と心配。その上で、

「面白いオッサンを横でずっと見ていたいので、僕より1秒でも長く生きてほしいものですね!」と相方思いのコメントを残しています。

まるで夫婦間でかわされる愛の言葉のようです。富澤さんにとって、伊達さんの存在はそれほど大きいのかもしれません。

@livedoornews この2人の間には、コンビ愛が たっぷり挟まってるんだろうなぁ〜〜☺️ #サンドイッチマン

昔からの友人同士、芸能界に入っても絆も人間性も変わることなく、こうして互いを思いやり続けられる姿勢いいなぁ。 そんなサンドイッチマン大好き☺️ サンド富澤 相方・伊達の誕生日祝福「僕より1秒でも長く生きて」コンビ愛にネット感動― スポニチ Sponichi Annex 芸能 sponichi.co.jp/entertainment/…

▼今年ブレイクした芸人の一人「くっきー」が組んでいる

1 2