1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

真野恵里菜『青の帰り道』も!冬のおすすめ「青春映画」

冬公開のおすすめ「青春映画」5作品のまとめ。真野恵里菜×横浜流星『青の帰り道』、土屋太鳳×北村匠海『春待つ僕ら』、横浜流星×清原果耶『愛唄 約束のナクヒト』、副島和樹×立石晴香『40万分の1』、佐野勇斗×本郷奏多『凜‐りん‐』。

更新日: 2018年11月05日

4 お気に入り 3422 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『青の帰り道』(12月7日公開)

東京近郊の町で高校卒業を控えた7人の若者たち。3年後、夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者……再び“あの場所”に戻った彼らの胸に宿る思いとは……。

真野恵里菜、清水くるみ、横浜流星らが7人の若者たちを演じ、平田満、工藤夕貴らベテラン勢が脇を固める。監督は山田孝之プロデュース作「デイアンドナイト」などを手がけた藤井道人。

◆『春待つ僕ら』(12月14日公開)

「僕だけがいない街」の平川雄一朗監督が、あなしん原作の同名人気コミックを土屋太鳳主演で実写映画化した青春ラブストーリー。

クラスになじめないヒロインが、男子たちとの交流を通じて成長する姿を描く。

バスケ部の“イケメン四天王”に北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友、主人公の幼なじみに小関裕太がふんする。

◆『愛唄 約束のナクヒト』(1月25日公開)

「キセキ あの日のソビト」に続く「GReeeeN」の楽曲映画化プロジェクト第2弾で、名曲「愛唄」をモチーフに送る青春ラブストーリー。

彼らが曲に込めた思いを背景に、さまざまな愛の物語が展開する。

メガホンを取るのは『海月姫』『ガールズ・ステップ』などの川村泰祐。主演は、「キセキ」の誕生秘話を描いた『キセキ -あの日のソビト-』でメンバーの一人を演じた『兄友』などの横浜流星。

◆『40万分の1』(2019年2月8日公開)

「就活」をテーマに現代の若者像をリアルに描いた青春映画。

三流大学に通う徹は、恋人の真美にフラれた腹いせに、大手広告代理店への就職を狙っていると嘘をつく。後に引けない徹は、伝説のOB・荻野の指導を受けることに……。

主人公の徹役を第29回ジュノンスーパーボーイコンテストで審査員特別賞受賞し、今作が初の映画出演・初主演となる副島和樹、ヒロインの真美役を「動物戦隊ジュウオウジャー」の立石晴香がそれぞれ演じる。

◆『凜‐りん‐』(2019年2月22日公開)

1 2