1. まとめトップ

北海道地震も?災害のたび実感する太陽光発電の"負の遺産"感

環境対策と見せかけて実は自然破壊行為とも言われているメガソーラー、災害の際はその被害を大きくしている事案も多いようです。先の北海道胆振東部地震においても、相当広いメガソーラーが周りにあったわりに、大規模停電をおこしたこともあり太陽光発電とは・・・と考えさせられました。

更新日: 2018年10月30日

2 お気に入り 1412 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

環境対策と見せかけて実は自然破壊行為とも言われているメガソーラー、災害の際はその被害を大きくしている事案も多いようです。先の北海道胆振東部地震においても、相当広いメガソーラーが周りにあったわりに、大規模停電をおこしたこともあり太陽光発電とは・・・と考えさせられました。

▼2018年9月6日深夜、北海道胆振東部地震発生

胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震が発生し、北海道厚真町で震度7、北海道安平町で震度6強を観測

北海道地震の地震発生時刻が3時8分なんだけど 1分後に官邸対策室設置して その2分後にはもう安倍総理の指示が出てるんだな 対応めちゃくちゃ早いですわ でも北海道は広すぎて被害状況の把握がかなり大変 数時間程度で全域把握するとかどうあがいても不可能なので、続報を待つしかないのです pic.twitter.com/7jx9it27Ot

地震の時の自衛隊の動きがほんと早くて凄いと感じる。2分後に対策本部設置したら18分後には情報収集で戦闘機離陸。約30分後にはヘリが飛び、初動の地上部隊も移動開始。1時間後には合計7機の航空機と2つめの初動部隊が出動。人員が足りていない中で、この体制維持はかなり大変だと思う。 pic.twitter.com/FZDZK4bW4T

▼今回の地震で注目を集めたのは大規模な停電

真っ暗になったススキノ繁華街も話題に。

▼火力発電が止まったなら自然エネルギー使えばいいじゃない…って、そっちも駄目だったの?

家庭用の太陽光発電と違い、メガソーラーの場合は停電されると使い物にならないそうで。。。溜息。。。

震度6強を観測した安平町はソフトバンクグループ子会社であるSBエナジーが運営する日本最大クラスの太陽光発電所「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」が立地しているほか、震度7を観測した厚真町にも札幌市を本社に発電事業を行うCSSの「厚真太陽光発電所」や、三井物産と東京アセットマネジメント投信が運営する「北海道厚真町ソーラー発電所」など多くのメガソーラー発電所が立

家庭用の太陽光であれば自立運転機能を使用すれば自分の家庭のみは使用できますが、メガソーラーは電力会社の系統(発電機)があるのが前提

完全に停電すると、送電網が利用できなくなる

発電した電気を送るために電力会社の送電網を使っているそうです。

▼使えないだけじゃない。メガソーラーは災害被害を大きくする可能性まである

災害時はソーラーパネルの取り扱いに注意。
感電や有害物質流出の可能性あり。

台風被害でこうなる

損壊した太陽光パネルは、鉛などの有害物質が土壌に流れ出す危険性があり、部分的に損壊しても太陽光を受ければ発電が続くため、触ると感電する恐れ

日本のように山を削って大規模にソーラーパネル設置した場合、山崩れや地滑りなの大規模な災害が起こる危険が高まります

台風、竜巻などの災害に太陽光発電は脆いイメージがあります。ぶっとんだ写真、ネット上にはいっぱいありますねぇ(報道は余りされなかったけど)

土砂崩れは、地震でも大雨でも発生する。山の斜面などに設置されたソーラーパネルが地震や大雨で土砂崩れを惹き起こすことは時間の問題

▼北海道のメガソーラー畑は今どうなってる?地震の影響を心配する声もあり

今回の地震の震源地の近くです。とくに報道はされてませんが。

ボコボコとメガソーラーが立地している北海道な訳ですが、地震時の電力供給には何の役にも立っていない事が炙り出された一日でち。 今回の停電戸数295万世帯は、阪神淡路大震災と同等の規模。

震源地厚真町には道内最大のメガソーラー群が設置されている。街中の様子では無傷では済まないと思うが、北海道新聞電子版では被害ありともなしともの報道が全く無い。またしても「報道しない自由」か。 twitter.com/shounantk/stat…

ソフトバンクグループのメガソーラー発電所、北海道3箇所はブラックアウトからしばらくは発電していなかったが、苫東安平ソーラーパーク以外はもう発電している。となると震源に近い苫東安平は損傷したのかな?

▼台風や地震…災害のたび、そのデメリットをさらけ出すメガソーラー。旧民主党政権の"負の遺産"と揶揄される理由

「再生可能エネルギー促進法」
管直人首相が奔走していました・・・。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/12473

1 2 3