1. まとめトップ
  2. カラダ

自分の体に合った正しいジョギングは「人生を変える」らしい

病気や健康不安などがある人は別になりますが、自分に合ったジョギングは人生を変えるほどの変化をもたらしてくれるみたいです。

更新日: 2018年10月26日

140 お気に入り 36495 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ジョギング

ジョギング(Jogging)とは、ゆっくりした速さで走ることである。

ウォーキングの延長でゆっくり走るのがジョギング、さらに息が弾み、速く走るのがランニングといえます。

初心者は,本格的なジョギングに入る前に,まず毎日歩くことから始め,徐々に速度を速めて距離を延ばしていく

■自分に合ったジョギングは人生を変える

人は30分走れるようになると、体力も体形もやる気も変わって、人生が変わる

ランニングを始めてたった2カ月で、私の生活は一変しました。

「ジョギング」は、誰でも気軽に始めることができ、身体面・精神面にとって良い効果がありすぎる有酸素運動

■いったいどのように変化するのか?

肌や腰痛など悩みがどんどん解決されていったこと、水をたくさん飲むようになり血圧が落ち着いたこと。また、眠りも深くなり、忙しくても短い時間で回復できるようになった

にしおかすみこさんの変化です。

食べすぎてもあまり太らなくなったので、お菓子や量の多い食事に罪悪感を抱くことがなくなり、食べること自体が楽しくなりました。

初心者の方でもランニング直後から効果を感じることができるのが、むくみ解消と快眠。

脳にいい影響も与えることが分かっています。ビジネスで成功している人ほど、「早朝にランニングをしている」というイメージも定着してきました

健康面での具体的な数値や症状の回復に加え、風邪をひかなくなった、代謝が上がって冷え性が改善したなどの体質改善効果も

走らなくなると、イライラしてくる。汗をかく機会が少なくなるのも理由だが、ランニングなどのリズム運動が「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌を促しているから

こちらはジョギングをやめた場合のデメリットです。走るという行為はストレス解消に役立ちます。

ランニングのおかげで体力も精神力も養われ、さまざまなことが楽に感じられるようになった

実際に走っている人の意見です。

ジョギングは低~中強度の運動なので負荷がありすぎず、免疫力アップに適した運動です。最近では、歩くくらいの速さで走る「スロージョギング」も注目されています

早起きが習慣化したことで夜更かしが減り、肌荒れも改善。ランニング中は俯瞰(ふかん)で物事を考えられるので、メンタルヘルスにも効果的

早起きしてジョギングしている方の声です。

メリットのありすぎるジョギングですが、便秘改善にも有効です。・排便に必要な筋力をつける・おなか周りの血流改善・自律神経が整い、排便サイクルが正常に

会社ではいつでも、寒いと言っていたのに、夏場のクーラーの温度を下げてほしいと男性より先に言ったり、冬場の暖房が暑いと文句を言えるほど代謝がよくなり、薄着になりました。その代わりヒートテックが暑くて、雪の日以外は着なくなりました。

実際に走っている人の声です。

ほどよい汗を流すので、デトックス効果が期待できます。もちろん、お肌もキレイになりますし、顔色も若々しくなります。

■とはいっても走るのは敷居が高い…

果たして自分は走れるのだろうか…?

【定期(自動)の戯れ言】 歳を取ると、動きが鈍くなります。 ランニングとか、もう無理です。 太ってきたから、運動しなきゃ・・・ 【宣伝】 私のブログですが、 よかったら覗いてください。 yutapon17810.officialblog.jp #ゆたぽん #いいねした人全員フォローする #RTした人全員フォローする

1 2