1. まとめトップ

A I 絵画「エドモンド・ベラミーの肖像」がオークションに... 4800万円超で落札!

世界で初めてオークションにかけられたAI(人工知能)制作の肖像画が5000万円で落札・サイン・アルゴリズム・数式・ニューヨーク競売会社クリティーズ・タイトル作品名エドモンド・ベラミーの肖像画(Portrait of Edmond de Belamy)・コンピューター・話題ニュースTwitterまとめ

更新日: 2018年10月27日

1 お気に入り 2298 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

世界で初めてオークションにかけられたAI作の肖像画「エドモンド・ベラミーの肖像画(Portrait of Edmond de Belamy)」

花が好きさん

コンピューターのアルゴリズムによって制作された肖像画

AI絵画ってそんなに価値があるのか......

馬鹿げた値段を付けたもんだぁ?投資家の心理をAIに解析してほしい(笑)

A I 絵画 サインとしてアルゴリズムに用いられた数式が・・・

とにかく数式で書かれたサインを見てくれ。これがこの人物画として認識できる色のパターンを示したものだとするとさらにクオリティをあげてくる可能性しかない。

「サインとしてアルゴリズムに用いられた数式が入れられたとのこと」 文字通り名前は体を表す

絵の右下には、画家の署名の代わりに数式が記されている。 この数式が何を意味しているのか知りたい。

サインとしてアルゴリズムに用いられた数式ってのがたまらなくいいね。 AIの著作権は,今後のAIの倫理や責任の話と繋がってくる事例になる。 慎重に議論を進めた方がいいかと。

headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-… 予想より早くこういう時代がきましたね。いよいよ著作権とAIの関係を真剣に考える時代になりましたなあ。

A I 絵画 画家という職業はどうなってしまうのだろうか。

AIを利用して描かれた絵画が、オークションで5000万円ぐらいで落札されたと報じられた。芸術作品がAIで制作され、それが高額で販売されると、画家という職業はどうなってしまうのだろうか。膨大なデータの処理や分析が必要な科学の分野でもAIの利用も進みそうだ。

AIが対価を要求したり権利を主張し始めたら危機を感じないとならないだろうが。そうでなければどこかの人間のただの“道具”。

A I 絵画 あくまで有名人風

そのさ部品とかって誰が作っても価値は一緒なんですよ。音楽、小説、絵画もAIで作れます!というのはわかるけど有名な作家に似せるだけで有名人が描いたという価値はついていないし、あくまで有名人風なんだよね。いかに個人としての価値が大事かわかるよね。

A I 絵画 アートだろうか・・・

アートは A Iに対抗する人間の最後の砦だと思ったのになぁ。

これはちょっとアートとは違う気がします

AIがアートを生み出したかのように報道されているが、個人的にはアートではない思う。アートがアートたるゆえんは、そこに人間の意図が込められていることで、AIが生み出した絵画にはメッセージ性がない。jiji.com/sp/article?k=2…

投機の最たるもので新しければ価値があるっていう単純な話、稀少性の話であってアートな話なのか?

CNET★AIが描いた肖像画、約4900万円で落札 japan.cnet.com/article/351276… 私はゼンゼン評価しませんね。 このAI絵画というものは、過去の名作を徹底分析し、そのエッセンスを集約して描くだけで、な〜んもクリエイティヴな活動じゃ無い。AIは計算は得意でも創作はできないという好例でしか無いのよね。

A I 絵画 別世界の絵画になっている!

いよいよAI(人口頭脳)が絵画の世界にまで進出した!AIに写真を参考に絵画を書かせると、異様な世界が現れる!抽象画でもなく、まるで別世界の絵画になっている!それでも絵画的には複雑だし具体的な表現になっている!近未来にやって来る人間社会?コ、ワ、イ世界だ!

高額アートは作品の良し悪しよりも制作者の知名度で価値が変わります。 AIも直に「巨匠〇〇AI氏作品」とか言われるのかも〜

A I 絵画 人を感動させるコンテンツを瞬時に出力する

1 2