1. まとめトップ
  2. 雑学

旦那に「友人がいない」ことを憂うママの悩みは正しいの?

旦那に友人がいないことに悩むママさんの憂いは果たして正しいのでしょうか?

更新日: 2018年10月27日

38 お気に入り 83184 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■友人

友人関係は志を同じくし親しい情愛をもつ者同士の関係である。

真の友だちとは、あなたが本当に困っている時そばにきて、あなたを支え、励ましてくれる

口でいうのは簡単、だけど定義が難しい。それが「親友」。かつてはそう思っていた間柄が、いつの間にか疎遠になったり、初めは仲良いわけじゃなかったけど気づいたら、なんてパターンも。

■その友人がいない旦那

うちの旦那は30代ですが友達がいません。会社の人との付き合いはたまにありますがそれも二ヶ月に一回程度

主人は趣味もないし体力も好奇心もないので 休日は 1人部屋にひたすら篭っています。PCいじるか 昼寝か お酒。

■そんな旦那さんを心配するママ

たまには、「友だちと会うから飯いらないわ」と言われたいです。子どもが今2歳だけど、これから友だちできるのかな。「パパ、お友だちは?」とか聞かれたらどう答えるんだろ。

『もっと家事や子育てを手伝って』『子どもをどこかに連れていって』などと、夫からの積極的な提案を求めるように

「結婚してからは、夫が友だちと出かけることは全然ない」という女性の声は多く、ネット上にも「友だちがいない夫を尊敬できない」などという書き込みを見かける

■なぜ夫は友人を作らないのか?

プライベートな時間を過ごす時は、自分の考えを中心に、自分の思う通りに、自由に動こうとする「個人主義」という傾向を持つ男性が多い

会社の制約から逃れられるところくらいは、自分本位で動きたいという欲求が生まれる

大人として何年も過ごすと、仲間同士の束縛につきあう方法や、自分自身をよりよく知るために、新しい友達をつくる必要はありません。

学生の時や若い時はどうしても友人を作る必要がありましたが、大人になるに従いその必要性がなくなるという理由もあります。

■友人を作らないことによるメリットもある

ほかの遊びをすることがないので、浮気の心配などが少ない

たまに誘ってもらえるならうれしいですが、それが頻繁に……となるとしんどくなってくるもの

楽!というのが大きい

■しかし、妻側としてはやはり複雑なようだ

1 2