1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

今から読めば間に合う…『2019冬ドラマ』の原作もの

初めて恋をした日に読む話、メゾン・ド・ポリス、トクサツガガガ、ゆうべはお楽しみでしたね、白い巨塔、Perfect Crime 。いずれ劣らぬ名作ばかり…。

更新日: 2018年10月27日

2 お気に入り 6762 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・持田あきの「初めて恋をした日に読む話」は深田恭子

Cookie(集英社)にて連載されている今作は、元優等生で今はうだつの上がらないアラサー予備校講師・春見順子と、彼女の元で東京大学合格を目指すことになる不良高校生・由利匡平を軸に描く物語。

深田恭子が順子を、横浜流星が匡平を演じる。また順子に思いを寄せる従兄弟の八雲雅志役に永山絢斗、順子と雅志の同級生で、現在は匡平の担任教師である山下一真役に中村倫也が決定した。

主演の深田恭子は「あの時こうしていたら、もっと頑張っていたら。このドラマでは、そんな後悔をしている主人公・順子が自分の人生を取り戻す為に奮闘し、尚且つ、イケメン3人に囲まれて恋をするという何とも贅沢なラッキーラブコメディです。永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さんとそれぞれタイプの違う素敵な男性たちとの恋を楽しんで頂いて、『初めて恋をした日』を皆さんにも体感して頂けたらと思います」とコメント。

・加藤実秋の「メゾン・ド・ポリス」は高畑充希、西島秀俊

高畑充希が2019年1月期からTBS系でスタートする金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」に主演し、刑事役に初挑戦する

高畑演じる新人刑事・牧野ひよりが、退職警察官の住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、訳ありの5人の“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく。

西島秀俊が、エプロン姿でメゾンの使用人を務める元敏腕刑事・夏目惣一郎役で出演。現役時代は事務畑一筋で今はメゾンの管理人である高平厚彦を小日向文世、元科学捜査研究所勤務のインテリ紳士・藤堂雅人を野口五郎、定年退職と同時に妻から離婚を切り出された元所轄刑事・迫田保を角野卓造、大家の伊達有嗣を近藤正臣が演じる

なお演出は「キサラギ」「ストロベリーナイト」などの佐藤祐市監督が手がけ、脚本は「ストロベリーナイト」「キングダム」などの黒岩勉が執筆している。

・丹羽庭の「トクサツガガガ」はNHKで

週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の丹羽庭による人気コミック「トクサツガガガ」が、小芝風花主演で2019年にドラマ化されることが決定

同作は、特撮をこよなく愛する隠れオタクの主人公・仲村叶(なかむらかの)の日常を描くコメディードラマ。

周囲にオタクだとバレることを怖れ、コソコソとオタク生活を楽しむ彼女の日常がコミカルに描かれていく。

ドラマは2019年1月18日よりNHK総合にて全7回でオンエア。仲村役を演じる小芝は「今は、色んな事をオープンに出来る世の中になって来ていますが、自分の好きなものをさらけ出せない人はまだまだ沢山いらっしゃると思います。周りから見たら小さな問題でも、自分にとっては大問題。大好きなものを守る為、堪能する為、奮闘する姿を楽しんで見ていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

・深夜枠では金田一蓮十郎の「ゆうべはお楽しみでしたね」も

金田一蓮十郎「ゆうべはお楽しみでしたね」の実写ドラマが、2019年に「ドラマイズム」枠にてオンエアされることが決定した。

「ゆうべはお楽しみでしたね」は、金田一蓮十郎氏が2014年よりヤングガンガンで連載している、オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』をきっかけに出会う男女の物語が描かれた漫画

2019年にTBS(MBS)のドラマイズム枠として放送予定の「ゆうべはお楽しみでしたね」。同枠では、同じスクウェア・エニックス作品である『ファイナルファンタジーXIV』を題材にしたドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」が放送されていた

・山崎豊子の「白い巨塔」は岡田准一主演

これまで度々映像化されてきた山崎豊子の長編小説「白い巨塔」が、岡田准一主演でスペシャルドラマ化される

1 2