1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日米で30イニング!延長に突入した日本&ワールドシリーズの激闘

2018年のワールドシリーズ(WS)第3戦が延長18回の激闘を繰り広げれば、日本シリーズ第1戦も延長12回引き分け。日米併せて30イニングの激闘が野球ファンを熱くさせました。

更新日: 2018年10月27日

6 お気に入り 9429 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日米の2018シーズンの野球が佳境。野球漬けの一日が熱かった…

nyokikeさん

▼ドジャースが激闘を制してワールドシリーズ1勝目をあげた!

MLBは26日、ワールドシリーズ(7回戦制)第3戦が行われ、ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)は延長18回裏にマックス・マンシー(Max Muncy)の本塁打が飛び出し、ボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)を3-2で下して、シリーズ最長となった一戦でサヨナラ勝ちを収めた。

ドジャースは、3回にピダーソンのソロで先制。8回にブラッドリーにソロ本塁打を浴びて同点とされ、さらに延長13回には投内連携のミスから勝ち越しを許したものの、直後の13回2死二塁、プイグの二ゴロが敵失を誘って同点に追い付いた。

試合開始から6時間が経過した午後11時すぎ、7番手で登板した前田は先頭打者を内野安打で出すと、次打者に四球を与えて無死一、二塁のピンチを背負った。

投前への打球を処理して進塁を防ぐと、2者連続三振を奪いピンチを脱出。2イニング目となった16回は3者連続三振と圧巻の投球を披露した。

前田は「ノーアウト1、2塁を招いたときは焦ったが、自分の投球できよかった」と安ど。三塁封殺の場面は「三塁でアウトをしにいった。ギアが入って集中できた。送ってくるか分からなかったが、やらせてアウトを取ろうと思った」と胸を張った。

前田は「こっちはリリーフが残っていたが、いつ終わるのかと思った。終わって良かった」と、大きな1勝を喜んだ。

▼メジャー史上に残る激戦っぷりがTwitterで話題に

ワールドシリーズ ドジャース前田健太さんの投球にめちゃくちゃ興奮した キレが凄過ぎる‼︎

MLBワールドシリーズ第3戦、ドジャースが延長十八回、マンシーのホームランで3-2でサヨナラ勝ち。シリーズ初勝利、通算1勝2敗としました。 試合時間7時間20分、ワールドシリーズおよびポストシーズンの史上最長時間試合となりました。ロサンゼルスは午前0時半、ボストンは3時半。お疲れさまでした。

ドジャース対レッドソックス、延長18回に突入⚾ レッドソックス外野の守備変わりすぎだし、ドジャースの代打にピッチャーのカーショー pic.twitter.com/Y1i6aduUU8

メジャーリーグ ワールドシリーズ第3戦 延長18回 7時間20分 ・プレーオフ史上最長イニング ・プレーオフ史上最長試合時間 ・一昨日先発した投手が緊急登板 ・明日先発予定だった投手も緊急登板 ・エースが代打として緊急出場 少年漫画の最終回かな? pic.twitter.com/1Imzg63ePN

ここまでの延長初めて見た気がする。2試合分(笑) これを機にドジャース巻き返してほしいなー そしてマエケン頑張ったので、日本シリーズでカープも勝ってほしいー pic.twitter.com/PNBBkXtKXN

▼数時間後…日本シリーズ第1戦も延長12回引き分けの激闘だった

「SMBC日本シリーズ2018」が27日、マツダスタジアムで開幕し、広島とソフトバンクが対戦し、延長12回、2—2で引き分けた。

広島は一回、菊池の左中間ソロと松山の右前打で2点を先制。先発の大瀬良は四回まで安打を許さず完璧な立ち上がりを見せた。

日本シリーズ 第1戦 甲斐キャノン、日本シリーズでも炸裂! 古田・前田・松坂「すごい!」 #sbhawks pic.twitter.com/rjHpQgpfWE

先発の千賀が初回に2失点し、ソフトバンクは苦しい序盤になったが、五回二死二、三塁の好機に代打・デスパイネの内野安打と敵失で2点を返し、同点とした。その後は両チームとも得点を奪えず、九回を終えて2−2で延長に入った。

ソフトバンクは十一回、二死満塁で勝ち越しの好機を迎えたが、代打・福田が左飛で凡退。

広島は12回、1死から安部が四球で出塁。代打・新井が告げられると、マツダスタジアムはこの日一番の大歓声に包まれた。

今季で引退を表明しているベテランは投ゴロで走者を進め、2死二塁となった。田中はフルカウントから空振り三振で、球場はため息に包まれた。

1 2