1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ネットで議論に‥安田さんめぐる「自己責任論」に芸能界からも様々な声

2015年にシリアで武装組織に拘束されているとみられるフリージャーナリストの安田純平さんが約3年4カ月ぶりに解放され、ネットでは、「自己責任論」が話題となっているようです。著名人からは、松本人志さん、ダルビッシュ有さん、ビートたけしさんなど、様々な意見が寄せられているようです。

更新日: 2018年10月28日

10 お気に入り 91744 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●政府が安田純平さんとみられる男性が解放されたと発表

政府関係者によると、シリアで武装組織に拘束されているとみられるフリージャーナリストの安田純平さんが解放され、

21時ごろに安田さんが解放されトルコ当局のアンタキアの入管施設にいるとの情報が入ったと、菅官房長官は発表。

●そんな中、安田さんが保護されているハタイ県が会見を行った

・安田さんの映像と写真を公開

【ピックアップニュース】最新のニュースを映像と字幕でお伝えします。▽安田純平さん本人と確認 河野外相が発表 ▽安田純平さん 保護されたあと公開された映像で「ありがとうございます」 ほか #nhk_news www3.nhk.or.jp/news/movie.html pic.twitter.com/2tkQAL1JZo

安田純平さんが保護されている入管施設があるトルコのハタイ県は日本時間の午後6時すぎ、

安田純平さんが保護されている入管施設があるトルコのハタイ県は、入管施設での安田さんの映像を公開しました。 保護された施設で撮影されたものだということです。 #nhk_news #nhk_video pic.twitter.com/bI9fX4OAP0

●そんな中、25日午後6時20分ごろ、安田さんが成田空港に帰国

3年間拘束されていた日本のフリージャーナリスト、安田純平さんが25日午後6時20分ごろ、成田空港に帰国

安田さんは2015年6月、内戦を取材するためトルコからシリアに渡った後、行方が分からなくなっていた

・機内では、拘束生活について「地獄ですよ。」と生々しく語っていた

拘束生活に関しては、「地獄ですよ。身体的なものもありますけど、精神的なものも、きょうも帰されないと考えるだけで、日々だんだんと自分をコントロールできなくなってくる」と告白。

また「24時間、身動きひとつしてはいけない。水浴びも一切いけないという状態が8カ月続いた。

殺されはしないと思っていたけど、いつまで続くのかという恐怖感はずっとあった」と詳細を生々しく語った。

●安田さんの妻・深結さんが成田空港で記者会見を行い感謝を述べた

妻深結(Myu)さんが25日夜、成田空港で記者会見し、安田さんと再会した際の様子や思いを語った。

冒頭、涙を浮かべて深くお辞儀をした後、「長い監禁生活で別人のようにやせていた」と説明

安田さんが、とてもやつれていたように見えたとの印象を述べたほか、時折、涙を流しながら、再会が実現したことの喜びと感謝の気持ちを語った。

深結さんは、「先ほど無事に安田と対面できました。本当にここに来るまで、いろいろなご協力いただきまして、お礼申し上げます。本当にありがとうございました」と話した。

●一方、ネット上では、安田さんに対し「自己責任」と物議に?

帰国してから二日が経ち、ネット上では安田さんに対し、「自己責任」と批判が出ている。

1 2 3