1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

レディー・ガガ『アリー スター誕生』も!12月公開のおすすめ「洋画」

2018年12月公開のおすすめ「洋画」映画5作品のまとめ。『彼が愛したケーキ職人』、『パッドマン 5億人の女性を救った男』、『マイ・サンシャイン』、『アリー スター誕生』、『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』。

更新日: 2018年11月13日

10 お気に入り 4678 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『彼が愛したケーキ職人』(12月1日公開)

同じ男性を愛した2人の男女の姿を描き、イスラエルのアカデミー賞といわれるオフィール賞で9部門にノミネートされたほか、国外の映画賞でも多数の映画賞を受賞した作品。

ドイツの青年とイスラエルのシングルマザーが運命に導かれて出会う。ケーキ作りを通じて、人間同士のつながりを描く。

主人公をドラマやショートフィルムなどに出演してきたティム・カルコフ、ヒロインを『運命は踊る』などのサラ・アドラーが演じる。

試写でイスラエルの若手監督が撮った映画 「彼が愛したケーキ職人」を観た。 国籍とか宗教とか性の差別とか複雑なテーマが盛り込んであるけど、不思議なほど清々しい恋愛映画として 楽しめた。 確実に社会や倫理観も変化して行ってる。 しかし「人を好きになる心は抑えられない」というテーマかな? pic.twitter.com/0RU6ThTlIU

『彼が愛したケーキ職人』試写。同じ男性を愛した男女の恋愛を描くイスラエル/ドイツ合作映画。同性愛、宗教の戒律、そして互いの因縁。呪縛とも言える様々な事情を背景に、自由に人を愛することの大切さを描いている。美味しそうなケーキやクッキーの数々、カフェの美しい店構えなど映像も◎。

◆『パッドマン 5億人の女性を救った男』(12月7日公開)

現代のインドで、安全で安価な生理用品の普及に奔走した男の実話を映画化したヒューマンドラマ。

小さな工房で働く新婚のラクシュミは、ある日、妻が生理の処理に不衛生な古布を使っていることを知る。高価な市販品を拒む妻のため、彼は自分で衛生的な製品を作ろうと奔走する。

主演は「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」のアクシャイ・クマール。共演に「ミルカ」のソーナム・カプール。

『パッドマン 』試写会で観てきました! ちょー面白くて、そして元気になる映画!勇気も貰えておススメです!… instagram.com/p/BpGwIwGlp_t/…

試写で観た【パッドマン 5億人の女性を救った男】が期待値をはるかに超えて 面白かった。パロったタイトルかと思いきやこれぞ本当の意味でのスーパーヒーロー!愛と信念を貫くために地獄の底から這い上がろうとするお話とラストのスピーチで大感動!!とても良い&超おススメ作品です。#パッドマン

◆『マイ・サンシャイン』(12月15日公開)

事情のある子供たちを育てる主人公が、「ロサンゼルス暴動」に巻き込まれるさまを描く人間ドラマ。

1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。

『チョコレート』などのハル・ベリーや、『007』シリーズなどのダニエル・クレイグらが出演。メガホンを取るのは、第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『裸足の季節』のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。

前作『裸足の季節』が素晴らしかったデニズ・ガムゼ・エルギュベンの新作『マイ・サンシャイン』(12/15公開)を試写にて。1992年のLA暴動がテーマ、主演はハル・ベリーとダニエル・クレイグということで、前作との大きく異なる作風にちょっと驚く。が、逆に作家としての彼女により興味を持ちました。

映画「マイ・サンシャイン」(12/15公開)試写。「裸足の季節」監督の新作。1992年、ロス暴動が起きる前。大勢の子を育てる女性(ハル・ベリー)といがみ合う隣人(ダニエル・クレイグ)が…? いわゆるイイ話、とか予想するとまったく超えてきます(笑) #eiga #マイ・サンシャイン pic.twitter.com/pAXfdd8AzZ

◆『アリー スター誕生』(12月21日公開)

1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでも何度か映画化されてきた物語を、新たにブラッドリー・クーパー監督&レディー・ガガ主演で描く。

1 2