1. まとめトップ

慶應義塾中等部の偏差値や倍率と評判は高い?合格最低点や校風、教育方針は?出題傾向やレベルと対策

慶應義塾中等部の偏差値は難易度はどれくらいか?倍率や合格最低点、校風と教育方針はどうなっている?出題傾向やレベルと対策について書いてみました。

更新日: 2018年11月22日

0 お気に入り 1127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

denkiirukaさん

慶應義塾中等部の校風や偏差値は?

何といっても慶應義塾大学までエスカレーター式に進学できる点が魅力の名門私立中学校。自由かつユニークな校風の中で、自分なりの規律などを模索しながら、実社会で活躍できる人材へと成長していきます。

慶應義塾大学までエスカレーター式に進学可能
中等部を卒業後は系列高校に進学できる
生徒が先生を「さん」付けで呼ぶ珍しい習慣がある
週35時間の授業時間をしっかりと確保
週2時間の選択授業で幅広い知識を学ぶ
女優の芦田愛菜さんが入学したことが話題に
2005年に環境に関する国際規格ISO14001を取得

慶應義塾中等部の偏差値はどうなっているのでしょうか?慶應義塾中等部の偏差値をチェックすることで、まずは慶應義塾中等部の難易度を把握する必要があります。慶應義塾中等部の偏差値は72程度あるので、非常に高いです。慶應義塾大学への内部進学がしやすいので、慶應義塾中等部の評判は相当高いでしょうし、人気の学校になります。だから、倍率もそれなりにあると思いますし、慶應義塾中等部の難易度は高いと言えます。慶應義塾中等部の偏差値の時点で難しいのは分かっていると思いますが、ここに受かるのは相当な難易度です。したがって、いろいろな情報を集めて、慶應義塾中等部の対策をしていきましょう。慶應義塾中等部の評判についても知っておいてほしいので、慶應義塾中等部の校風や教育方針に関しても頭に入れておきましょう。慶應義塾中等部の難易度に関してはこういった感じなので、知っておいてほしいと思います。

慶應義塾中等部の倍率や合格最低点は?

慶應義塾中等部の倍率はどうなっているのでしょうか?慶應義塾中等部の難易度に関係する部分として、倍率は重要になります。慶應義塾中等部の倍率は非常に高いです。年度によって異なっている面もありますし、男女で違うようですが、6~8倍くらいはあります。非常に人気の学校なので、倍率も高いですし、それだけ難易度も上がるということになります。慶應義塾中等部の偏差値を知っておけば、すでに難易度が高いのは分かるとは思いますが、慶應義塾中等部の評判は良いので、それなりに倍率は上昇しやすいのです。そういったところを踏まえると、慶應義塾中等部の難易度は本当に高いですし、倍率にもそういった特徴があるのです。慶應義塾中等部の倍率はかなり高いのですが、合格最低点が気になるかもしれないです。慶應義塾中等部の合格最低点は過去問を解く際に必要なものなのですが、載っていない可能性が高いです。慶應義塾中等部の合格最低点についてはそういった感じなので知っておくと良いでしょう。慶應義塾中等部の合格最低点は分かりませんが、倍率はしっかりと頭に入れておいてほしいです。

慶應義塾中等部の出題傾向やレベルと対策

算数

本校の場合は大問数が多いので、ほとんどの分野から出題されると考えた方がよいだろう。平均点は公表されていないが、高得点での争いが予想される。したがって、すべての分野をシッカリ押さえておく必要がある。弱点を作らないように心がけたい。
あえて重視するべき分野をあげるなら、平面図形、数の性質であろう。これらの分野は経験の差が出やすいという特徴がある。

国語

「小説」や「論説文」(あるいは「説明文」)、「随筆」「韻文」などの「読解問題」、「総合的知識問題」と「漢字書きとり」、多種多様な「国語(一般)常識」などといった大問5~6題が基本。
2018年度は、「小説」「随筆」「説明文」「総合的知識問題」「漢字書きとり」の5題。文章量は5000~6000字程度(本年度は増加して約6600字)。解答数は例年60ほど(本年度は昨年度よりは増えたが、例年よりは少なめの52)。「解答形式」は、「選択肢」「抜き出し」「空所補充」「脱文挿入」「本文合致」「正誤判別」、「説明記述」(例年1問程度。本年度も同)など。
何といっても本校の大きな特色は、様々な「国語(一般)常識」(本年度は昨年度に引き続き出題なし)と「総合的知識問題」(本年度は「熟語の完成」と「筆順」。尚、「文学史」にも要注意)、そして、「韻文」(本年度は未出)にある。独自の「対策」が絶対に必要だ。また、解答数が多いことも特徴だ。圧倒的な「スピード」が求められる。100点満点。試験時間は45分。

社会

「地理」「歴史」「公民」「時事」の全ての単元、そして、「一般常識」「その他」からも出題される(2018年度は新機軸の「自由記述」が出題された)。
大問は4~7題(本年度は7題)。1大問1単元が基本だが、一部、他の単元の混在や「総合問題」もある。配点比率は、「地理」「歴史」がメインで(本年度は「歴史」が約4割で「地理」は約3割)、「公民」(本年度は2割)、「時事」(例年わずか)、「一般常識」(これもわずかだ。本年度はなし)などとなっている。
全解答数は例年50~60程度だったが、本年度は一気に減少して40。(「自由記述」が出題されたためだと考えられる。今後も要注意)。解答形式は、「リード文」や「単一テーマについての説明文」、「資(史)料」「地図」などに関しての「選択肢」(「不適切」「正誤判別」「組み合わせ」「整序」等あり)、「事項及び人物名記述」(「漢字」等の指定あり)、「説明記述」(本年度は「自由記述」となり1問)。

理科

理科の4分野(物理、化学、生物、地学)のすべてから出題される。小学生の理科単元の基礎知識が幅広く問われている。難しい問題で受験者に差をつけるのではなく、受験者の一般教養を問う傾向にある。低学年の段階から、図鑑を利用した学習を始めておくと有利になるだろう。

慶應義塾中等部の出題傾向やレベルはどうなっているのでしょうか?慶應義塾中等部の出題傾向やレベルをチェックしておくと、それだけ慶應義塾中等部の対策に生かせると言えます。そもそも偏差値が高いですし、難しい学校なので、対策のときからきちんと考えて行わないと、なかなか受からないと言えます。慶應義塾中等部の出題傾向やレベルをチェックして、過去問を解いていき、過去問の中でできなかった問題を集めて、その中で慶應義塾中等部の出題傾向やレベルに沿った問題を重点的に対策していくと、慶應義塾中等部の出題傾向やレベルの中で解ける問題が増えていきますから、そういった対策が必要になるのです。慶應義塾中等部の出題傾向やレベルを知っておくことはそういった部分について知っておきたいです。また、慶應義塾中等部の面接対策で志望動機などを考えておきましょう。慶應義塾中等部の面接で聞かれることの対策が重要です。慶應義塾中等部の面接で聞かれることについては志望動機が中心だと思いますけど、他にも聞かれることは多くあると思うので、面接対策もしっかりとやっておきましょう。最後に慶應義塾中等部の評判に関して知っておいてほしいので、口コミを確認しておきましょう。

慶應義塾中等部の評判や口コミは?

付属高であるため受験をすることがなく大学に進学出来るメリットがある。そのため部活や集団生活の大切さ、社会に順応できることを沢山学べる。 デメリットは勉強をしなくなること。

自己責任で自由を重んじている学校で、通われている方々、日本でも有数のお金持ちの方が多いです。学校自体の教育は机上の勉強というよりは、教養に重きを置いており、勉学に関しては必要最低限のところまで。あとは個人に任されている感じです。部活動も日数に制限があり、何個も兼部できますので、やりたいことを学校以外でやることはできます。

系列高校への内部進学がほとんどです。よほど変な成績を取らない限りは希望どおりに進学できます。しかし、校風がのんびり、のびのびとした感じなので、油断している生徒の中には勉強の遅れが取り返しのつかないことになり、系列高校への進学を諦めざるを得ないケースも見られました。

卒業後の進路は、男子は塾高(日吉)か慶應志木、女子は慶應女子(三田)が多いようです。高校に進学出来ない子が数名出る年もありますが、全員が進学できる年もあるそうです。

慶應義塾中等部の評判はどうなっているのでしょうか?慶應義塾中等部の口コミをチェックすると、学校の雰囲気などをチェックできると思います。慶應義塾中等部の校風や教育方針をチェックするときには、やはり口コミを見ておきましょう。慶應義塾中等部の口コミはかなり参考になると思うので、慶應義塾中等部の評判を調べやすいでしょう。ただ、慶應義塾中等部の学校説明会などの機会も利用して、学校の雰囲気を直に調べるということも必要でしょう。また、慶應義塾中等部の内部進学の状況なども気になるでしょうか?慶應義塾中等部では進学状況としては慶應の系列の高校に進学し、そこから慶應義塾大学へ進学するというパターンがとても多いです。慶應義塾中等部の進学状況も気になると思うので、慶應義塾中等部の内部進学をする予定の人が多いかもしれませんけど、どういった進学状況なのか?という点も調べたうえで受験をすると良いと思います。いろいろな情報が必要ですし、卒業後の進路も把握したうえで対策をしていきましょう。

1