絆というものを、あまり信用しないの。期待しすぎると、お互い苦しくなっちゃうから。
だいたい他人様から良く思われても、他人様はなんにもしてくれないし(笑)。
迷ったら、自分にとって楽なほうに、道を変えればいいんじゃないかしら。
演技をやるために役者を生きているんじゃなくて、人間をやるために生きているんです。
代表作?ないのよ。助演どころか、チョイ役チョイ役って渡り歩く、チョイ演女優なの。
自分は社会でなにができるか、と適性をさぐる謙虚さが、女性を綺麗にしていくと思います。
楽しむのではなくて、面白がることよ。中に入って面白がるの。面白がらなきゃやってけないもの、この世の中。
老人の跋扈(ばっこ)が、いちばん世の中を悪くすると思います。

出典【樹木希林さん地球の人々へ最後のメッセージ】宝島社・企業広告「あとは、じぶんで考えてよ。」「サヨナラ、地球さん。」10/29掲載|株式会社 宝島社のプレスリリース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

樹木希林さん。最後のメッセージ「あとは、じぶんで考えてよ。」「サヨナラ、地球さん。」

女性ファツション雑誌スウィート(sweet)」や「リンネル」を出版する宝島社が、10月29日の朝日新聞朝刊に「あとは、じぶんで考えてよ。」と同日の読売新聞朝刊に「サヨナラ、地球さん。」という企業広告を掲載しました。各方面で話題となっています。あらためて、樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。

このまとめを見る