1. まとめトップ

【将棋の戦法】升田式石田流三間飛車の序盤

升田式石田流は江戸時代から伝わる「早石田」の定跡に、升田幸三実力制第四代名人が改良を加えたもの。プロ・アマ問わず実戦例が多く、今なお検討が繰り返され、新手が発見され続けている定跡です。力戦指向のアマチュアに特に人気のある将棋の戦法です。

更新日: 2018年10月29日

1 お気に入り 588 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

筆者自身も升田式石田流をよく指します。ハメ手に近い変化が無数にあるので、石田流を相手にするのが苦手だと思う方は意外に多いのでは?今回は特に升田式石田流の序盤をまとめて見ました。正しい応手できちんと咎めるために狙いを知る、そんな将棋研究のお役に立てれば幸いです。

早石田の出だし

(初手から)

▲7六歩
△3四歩
▲7五歩

先手早石田の入り口です。
この型を基本にして、以下に解説します。

序盤の主な狙いは3通り

先手から積極的に攻める方法や、後手が攻めてきた場合のカウンターが大きく分けて3パターンあります。

パターン1 王手飛車狙い

基本図から

△8四歩
▲7八飛
△8五歩
▲4八玉

飛車先を伸ばしてきた後手に対して、▲4八玉と囲いにかかります。
これ以降、△8六歩と攻められると一見危なげに見えますが、きちんと受かります。

△8六歩
▲同歩
△同飛
▲7四歩

8筋の歩交換へ運んだあと、今度はこちらから7筋を攻め返します。

・▲7四歩を取ると...


△同歩
▲2二角成
△同銀
▲9五角

王手飛車が決まり大成功の図です。
飛車のただ取りが防げないので、後手としてはこうならないように応じなければいけません。
つまり、先ほどの▲7四歩に対してどうすべきかが分かれ目です。

・▲7四歩を放置すると...


△8七飛成
▲7三歩成
△7七歩
▲同角
△8九龍
▲2二角成
△同 銀
▲7二歩

例えばこのように後手が攻めても受け切れますし、▲7二歩で先手有利となります(分岐A図)。ここから後手に有効な攻めがありませんし、歩銀交換後、先手からはいつでも▲5五角が狙えます。

パターン2 飛銀両取り狙い

・▲7三歩成を受けると...


ここからパターン2の飛銀両取り狙いに分岐します。
▲7四歩に対して△6二銀と受けられたところです。
しかしこれにも、うまい返しがあります。

▲2二角成
△同銀
▲7七角

角交換をして、そのまま7七へ打つのが飛銀両取りとなります。
以下、

△8九飛成
▲2二角成

と進めて、桂香も取れるほか▲8八馬△同龍▲同飛という狙いもあり、先手有利です。

パターン3 升田式

いよいよ本流の升田式です。7手目から様々な分岐があり、それによって鈴木流急戦、久保流急戦という戦法に流れますが、ここでは升田式のみ触れます。

基本図から


▲7八飛
△8五歩
▲4八玉

パターン1、2で後手から攻めてもうまくいかないのが分かっているので、ここから一直線に玉を囲うのが升田式です。

△6二銀
▲3八玉
△4二玉
▲2八玉
△3二玉
▲3八銀

先手は一直線に美濃囲いへ入り、後手はパターン2を防ぐために△3二玉として2二にヒモをつけました。
いよいよ攻め合いとなります。

△8六歩
▲同歩
△同飛
▲2二角成
△同銀
▲8八飛

8筋の歩交換に対して、角交換から▲8八飛とぶつけるのが升田式の独特の戦い方です。
ここで後手としては、△同飛としてしまうと▲同銀で先手の型が平たく金銀が開いていますので、大駒を打ち込み辛いところです。
しかも8二、8三が格好のスキとなっているので、ここを受けるのに案外忙しいです。

よって、飛車交換に応じない流れが主となります。

△8七歩
▲9八飛
△8八角
▲7八金


後手が△8七歩と飛車交換を拒んだ時に、▲9八飛と寄るのがポイントです。次の△8八角に対して、9九の香車にヒモをつけています。

この△8八角に、▲同銀と取ってしまうと△同歩成▲7七角△9八と▲8六角△8八飛で先手苦しく成りますので注意が必要です。

△7九角成
▲同金
△8八銀
▲5五角


後手は△7九角成と銀を取ってさらに8八の突破を試みます。
▲5五角は△9九銀成▲同飛△8八歩成に備えた手ですが、もう一つ狙いがあります。

△7九銀不成
▲7七角


△7九銀不成は次に△8八歩成をみた手ですが、先手の方に▲7七角の好手があります。
△8八歩成▲2二角成△4二玉▲8四角で先手勝勢です。

④からの変化で、後手がすぐに△8八角と打たずに△3三銀とする手もあります。

△8七歩
▲9八飛
△3三銀

先ほどまでと違い、⑥の時に銀を取られる筋を消したものです。
この場合も、先手が有利に進めることができます。

▲7八金
△8二飛
▲6五角


先手の狙いは、▲7八金で次に▲7七金△8二飛▲8六歩と8七の歩を取り込みに行くことです。
そうなれば▲8八飛△7二金▲7七金と、後手の歩切れを生かして有利に進みます。

後手は▲7七金の時、△8八角を打ち込めるように、あらかじめ飛車を引きますが、ここで▲6五角が好手です。
▲8三歩や8七角から▲8八飛という狙いがあり、後手としては受け辛いです。

△4五角からの馬の作り合いについて

基本図から

△8四歩
▲7八飛
△8八角成
▲同銀
△4五角

先手が飛車を三間に振った途端に、後手が角交換から△4五角と打ってきたところです。
石田流の序盤では、常にこの△4五角に対して気を配っている必要があります。
後手は6七と2七の両方に角成をみていますが、これにも先手にうまい返しがあります。

▲7六角

この角打ちは、△6七角成を防ぎながら▲4三角成を狙っています。
もし後手が△3二銀と角成を受ければ先手も▲3八銀と2七の地点を受けることができます。

△2七角成
▲4三角成
△3二金
▲3四馬
△5四角

お互いに馬を作り合った局面です。
先手は1歩得でやや有利ですが、△8五歩〜△8六歩の攻めにどう応じるかは非常に複雑です。
△4五角への対処法としてだけご紹介しておきます。

よくある4手目の変化

早石田の天敵△4五角を打たれて不利になる変化と対処法をいくつか挙げてみます。

この手にすぐ▲3八飛と振ると、△4五角で角成が防げません。
プロの実戦例も無くはありません(先手勝ち)が、相当なねじり合いになります。
緩やかにいくなら▲6六歩と角道を止めるか、▲6八飛と四間に途中下車する方が多く指されています。

以下、

▲7八飛
△8八角成
▲同銀
△4五角
▲5二玉
△2七角成
▲7四歩
△同歩
▲5五角
△3三桂
▲7四飛
△7三歩
▲3四飛
△4二金
▲3六歩

と進み、大乱戦です。

1 2

関連まとめ