1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

クラシコの結果に衝撃を受ける人が多数…レアルはどうなるのか

レアル・マドリードとバルセロナが対戦するクラシコ。レアル・マドリードは大敗を喫しました。この結果に衝撃を受けてる人が結構いるようです。

更新日: 2018年10月29日

4 お気に入り 9817 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外サッカー好きです。

soccgamerさん

公式戦5試合で1分4敗を喫していたレアル・マドリード

レアル・マドリードは、先日のCL第三節まで5試合勝ちなしと不調でした。

原因は、ロナウドが移籍したことによる得点力不足といわれていますが、選手層は厚いので得点力不足は言い訳にならない気も。

レアル・マドリードは20日に行われた本拠地レバンテとの一戦で1-2と敗戦。これで公式戦5試合勝利から遠ざかるという不振に陥っており、現地メディアではフレン・ロペテギ監督が崖っぷちに追い込まれたと解任危機を報じている。

レアル・マドリーは現地時間20日、リーガエスパニョーラ第9節のレバンテ戦を1-2で落とした。

レアルは後半に入ると、60分までに3選手を交代し後世に出る。すると、73分にはマルセロがネットを揺らし、レアルは公式戦5試合ぶりにゴールを記録した。しかし、レアルの反撃はこの1点に留まり、レバンテに1-2で敗れた。

これでレアルはリーグ戦2連敗で今季3敗目。公式戦直近5試合で1分4敗と苦しい状況が続いている。

チャンピオンズリーグの第3節では6試合ぶりに勝利していた

先日のCLでレアル・マドリードは3試合ぶりに勝利しました。
これで、クラシコ前に悪い流れを断ち切ることが出来ました。

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節が23日に行われ、レアル・マドリード(スペイン)はヴィクトリア・プルゼニ(チェコ)を2-1で破った。

前半11分にFWカリム・ベンゼマ、後半10分にDFマルセロが決めると、同34分に1点を返されたが、辛くも2-1で逃げ切った。

格下相手に苦戦しながらも、公式戦6試合ぶりの白星となっている。

そして、ついに迎えたクラシコで大敗

レアル・マドリードとバルセロナが対戦するクラシコ。今回のクラシコは、メッシもロナウドもいないクラシコとして話題を集めていました。
このクラシコでレアル・マドリードは5失点を喫する大敗。
監督解任の可能性が非常に高くなっています。

現地時間10月28日に開催されたラ・リーガ第10節、バルセロナ対レアル・マドリーの「クラシコ」は、5-1という大差でホームのバルサが勝利を収めた。

30分足らずでホームチームが2点を先行すると、後半レアル・マドリーが1点差に詰め寄ったが、後半最後の15分間で3ゴールを追加。

ライバル相手に大勝を飾ったバルセロナは、勝ち点を21に伸ばし首位を維持。レアル・マドリーには、7ポイント差をつけた。

この結果には、ショックを受ける人が多数…

クラシコの結果かなりショッキングやなー。けどまぁ勝ち点3ってだけなので挽回して欲しい

仕事で見れなかったから今やっと見たけどクラシコ5-1ってほんとにやばくないですか。レアルこんなになっちゃうんだ。ショック

バルサファンやけどレアル弱すぎてめちゃくちゃ複雑やった メッシおらんでこの試合結果はやばい 内容も後半の10分、15分しか話にならんかったし

ショックすぎる レアルファンとしては中々立ち直れない レアルはこれからも頑張って欲しい! #クラシコ

さすがにレアルやばすぎ。メッシ抜きのバルサ相手に5失点て...。負けそうだとは思ってたけどこれは悲しいわ。 笑えないほどの暗黒期だな...。

1 2