1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

レアルを解任されたロペテギ氏に同情する声

成績不振によりレアル・マドリードを解任されたロペテギ氏。ロペテギ氏に同情する声が挙がっています。

更新日: 2018年10月31日

6 お気に入り 7216 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外サッカー好きです。

soccgamerさん

先日のクラシコで大敗したレアル・マドリード

レアル・マドリードとバルセロナが対戦するクラシコ。今回のクラシコは、メッシもロナウドもいないクラシコとして話題を集めていました。
このクラシコでレアル・マドリードは5失点を喫する大敗。

現地時間10月28日に開催されたラ・リーガ第10節、バルセロナ対レアル・マドリーの「クラシコ」は、5-1という大差でホームのバルサが勝利を収めた。

30分足らずでホームチームが2点を先行すると、後半レアル・マドリーが1点差に詰め寄ったが、後半最後の15分間で3ゴールを追加。不振に苦しむ最大のライバルを5発で粉砕し、クレ(バルセロナサポーターの愛称)にとっては最高の夜となっただろう。

レアルはカンプ・ノウで1-5という屈辱的な敗戦を喫したのである。

ライバル相手に大勝を飾ったバルセロナは、勝ち点を21に伸ばし首位を維持。レアル・マドリーには、7ポイント差をつけた。

クラシコの敗戦もありレアル・マドリードは9位と低迷

レアル・マドリードを率いていたロペテギ氏は解任されることに

クラシコまでレアル・マドリードを率いていたロペテギ氏は解任されました。後任は、ソラーリ氏ですが、暫定的なものです。
コンテ氏を監督に据えるというのが有力なようですが、どうなるか…

レアル・マドリーは29日、フレン・ロペテギ監督との契約を解除することを発表した。

後任にはBチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャからサンティアゴ・ソラーリ監督が昇格している。

2016年7月からスペイン代表を指揮していたロペテギ監督は、今年6月12日にロシア・ワールドカップ後のレアルの監督就任が発表された。しかし、その発表から140日が経った10月29日にチームを去ることが決まった。

ロペテギ氏の解任には同情の声も

エースが抜けたにも関わらず十分な補強を行ってもらえなかったなどロペテギ氏にも同情できるところはあります。
自分が選んだこととはいえ、少しかわいそうかも?

ロペテギさんは少しかわいそうだなぁと…W杯後の準備期間少ない、補強無し、ケガ人続出と環境が悪すぎた気がする( ꒪⌓︎꒪) それでもチームのために全力を尽くさない監督なんていないからお疲れ様でしたと言いたい…同じ選手なのに違うサッカーに見えるとか監督の采配って大切なんだなぁ(´ºωº`)

ロペテギの問題というか、レアルの選手のモチベーションとか年齢とかの問題の方が大きいと思うねん。

ロペテギ監督、スペイン代表監督蹴ってまでレアル行ったのにクラシコ大敗と不振との責任とって解任されてんのかわいそうやな

ロペテギは選手のマネージメント能力とかその他諸々足りないものがたくさんあったけど、なにより運が一番無かった。本当に。 同情はするけど解任は妥当だと思う。

ロペテギかわいそうやな。。しかしコンテなんて劇薬呼んで大丈夫か?来年アザール欲しいんじゃないのか?

ロペテギもかわいそうだよね ロナウドいなくなった後任されたわけだし

何度も言ってるけどロペテギには同情するけどこれはもう切られたとしても仕方ない。 1番切りやすいポジションが監督だとは思うけど、まあ色々運がなかった。移籍とか諸々含めてね。

まぁ、ロペテギに同情する余地もあるけどね、フロントに要求したワールドクラスのセンターフォワードとコバチッチの後釜は取ってもらえなかったし、ジダンの後任だし、スペイン代表監督のゴタゴタとかW杯イヤーで準備するにしては短いのもあった。 それでもこれだけ負けちゃダメかな…

クラシコ観たが、この内容でロペテギ解任か。後半のシステム変更は痺れたし、まさしくサッカーの醍醐味って感じだったが…前半の修正が早ければ1-0で前半を終えれてたかもしれないし、そうすれば後半は対応されてたかもしれない。どちらとも言えないが、修正素晴らしかっただけにな…

ロペテギの解任はレアルファンじゃないから、同情してしまう。全ての責任を押しつけられてる感があるのがまた・・・

やっぱりロペテギ解任かー 少なからず本人のせいじゃない部分があるので少し同情する

1 2