1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mimiccさん

資金調達方法は大きく分けると2種類ある

1. 銀行から借りる(デッドファイナンス)
2. 投資家に出してもらう(エクイティファイナンス)

デッドファイナンスでの資金調達とは

・デッドファイナンスには不動産担保融資か
 プロジェクトファイナンス(担保なし)があるが、
 ベンチャー企業は不動産を保有していないので
 プロジェクトファイナンスとなる。

・プロジェクトファイナンスとは企業が取り組んでいる
 事業に対して、将来のキャッシュフローを当てにして
 融資をするもの。

・銀行からの融資を受ける場合は社長などの個人保証が
 大体必要となり、連帯保証も求められることが多い。

「インベストメントバンク」とは?

・一般の銀行が間接金融であるのに対して、
 投資銀行は「インベストメントバンク」と呼ばれる
 直接金融である。

・商業銀行と異なり、銀行が自らの責任で
 ベンチャー企業にお金を貸し付けるため、実際の
 リスクは投資家が負う。

ベンチャーキャピタルの投資は2種類ある

・「プロパー投資」
  →ベンチャーキャピタル自信の資本金、内部留保
   借り入れ等の自己資金による投資で自由に投資する

・「ファンド投資」
  →複数の投資家からの出資金を集めたリスク分散投資

ベンチャーキャピタルとは

シードアクセラレーターとは?

時価総額にはPreとPostという考え方があるので覚えておこう

・資金調達の際の時価総額(バリュエーション)には、
 Preの時価総額(プレバリュー)とPostの時価総額(ポストバリュー)という
 考え方があります。

・Preの時価総額(プレバリュー)とは資金調達をする前の時価総額で、
 Postの時価総額(ポストバリュー)とは資金調達をした後の時価総額です。

・「ポストバリュー=資金調達額+プレバリュー」というわけです。

・「株価×(調達時の発行株数+調達前の発行済株数)
  =株価×(調達時の発行株数)+株価×(調達前の発行済株数))」

・調達前の発行済株数は投資前に既に決まっているので、
 それ以外の株価と調達時発行株数が変数となります。

・「資金調達額=株価×調達時発行株数」で、
 必要な資金調達額を一定とすると、
 株価が高いほうが調達時発行株数が少なくて済むので、
 起業家が有利となる、ということです。

エクイティファイナンスでの注意点、ダイリューションなど

・増資による株主構成の変化により、既存株主の持ってる
 割合が薄まること(=持ち株比率が下がること)
 希薄化という人もいるけど日本語的に希薄化って
 あまりあってないので、ダイリューションというべきらしい。

必見★ベンチャー企業の資本政策

いかがでしたでしょうか?自分でベンチャー企業をやるというのは自由を手に入れられる人生で一番楽しいチャレンジだと思います。是非みんなで起業して日本を盛り上げましょう!

1