1. まとめトップ

ワインの転換期!?「日本ワイン」と「外国産ワイン」の違いが明確に。10月30から法改正施行へ

昨今ワインが人気のようですが、10/30から国産ワインの違いが明確化されます。それは、表記基準の厳格化が中心で、これによって、国産のワインのブランド力や消費量がさらに伸びると期待されています。これに関してネットでも様々な意見が出ています。

更新日: 2018年11月01日

1 お気に入り 700 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

10月30日より国産ワインの概念が変わる

「日本ワイン」の出荷量は年々増加し、一六年度は前年比5・2%増の約一万五千八百キロリットル。輸入ワインを含む国内市場で4・8%(一六年度推計値)を占める。

消費量が上昇しています。

日本ではこれまでワインを国税庁が管轄する酒税法の中で取り扱ってきましたが、2015年に初めて「日本ワイン」の定義や表示ルールを制定し、その3年後である2018年10月30日から適用することになりました。

健康主体でしたが、日常的に飲む人も増えています。

海外の原料を使ったものは、ラベルに「輸入ワイン使用」などの表示を義務づけた。

違反した場合は、行政指導や事業者名の公表、製造免許の取り消しなどの処分が科される。

この日を狙って、様々なイベントをしています。興味のある方はぜひ。

新たなルールは30日以降に瓶詰めされるワインから適用され、すでに店頭に並んでいるものは対象外になります。

具体的に何が変わるのか?

「日本ワイン」は国産ブドウのみを原料とし、日本国内で製造された果実酒と定義されます。その他の国内製造ワイン(原料が国産ブドウとは限らないもの)、輸入ワインなどを明確に区別すると同時に、日本のどこの産地で造られたブドウが使用されているものなのか、どういった品種が使われているのか、そしてどの年に収穫されたブドウが使われているのかなどの情報を表示することになります。

つまり海外産のブドウで、国産で作っても日本ワインではありません。

ワインの産地名(塩尻ワイン 等) 当該地で収穫したぶどうを85%以上使用し、当該地で醸造した場合

ぶどうの収穫地名(塩尻産ぶどう使用 等) 当該地で収穫したぶどうを85%以上使用した場合
醸造地名(塩尻醸造ワイン 等) 当該地に醸造地がある場合

表示ルールでは、びんの裏面のラベル(裏ラベル)などに、原材料名やその原産地、内容量、アルコール分、製造者など必要な情報がまとめて書かれた「一括表示欄」を表示することとしています。
 日本ワインには、一括表示欄に必ず「日本ワイン」と表示することになりましたので、ワインを選ぶときに一括表示欄を見れば、日本ワインであることがすぐに分かるようになります。

 海外から輸入されたワイン

 一括表示欄に必ず原産国名が表示されます。

その目的は何?

輸入果汁などを使ったものと厳格に区別し、消費者に分かりやすく表示するとともに、国際的に通用する基準を整備して認知度を高めるのが狙い。

国税庁が関わっているなら、税金の目的も出てきそうです。今後国産を優遇したりと。

国税庁が定めたこの基準が10月30日(火)に施行され、世界における日本ワインの地位向上にも役立つと言われております。

ブランド力の向上も大切な要素です。

以前は国が定めるルールがなく、輸入したぶどう果汁を使ったものでも国産ワインと呼ばれたり、別の地域で収穫されたぶどうを使っていても醸造施設のある地名をブランドとして表示するケースもありました。

国際的に通用する基準を整備して認知度を高めるのが狙い。

 新基準は国税庁が2015年に策定。これまでは業界の自主ルールしかなく、輸入果汁や輸入ワインを原料に使っても、国内で製造したものは国産ワインとうたって販売されるなど、違いが分かりにくかった。

様々な意見が出ている

ワインはちゃんと国産のルールしっかりやってるのにウイスキーときたら( ノД`)… 「日本ワイン」新表示で商機 きょうルール厳格化 ブランド向上見込む(SankeiBiz) - goo ニュース news.goo.ne.jp/article/busine…

国産のワインの品質も年々高くなっているようですが、これを機に高品質な国産ワインをいただける機会が増えるといいですね! #ワイン news.goo.ne.jp/topstories/bus…

日本ワインの表示ルールの法律変わったけど、そもそもこれって影響受けるとこって少ないないんじゃない? そもそも日本ワインを好きで飲む人って、ほぼ日本のものを使ってる奴がやっぱり目立つわけで。 たぶん日本国内でのより知名度を上げる為とかのマーケティングが裏にある気がする。

1 2