1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ZOZOを追随。ファッション業界に広がるボディーサイズ計測の波

ZOZOが提案したボディーサイズを計測するという新しい技術がありますが、他社がこの技術を追随する動きが出ています。

更新日: 2018年11月01日

20 お気に入り 25744 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ZOZOが発表したボディーサイズを計測する新技術

新しいZOZOSUITは全体に施されたドットマーカーをスマートフォンのカメラで360度撮影することで体型サイズを瞬時に計測できる新しい技術を搭載した計測スーツ

「人が服に合わせるのではなく、服が人に合わせる」というZOZOSUITは、着るだけで体の採寸ができる優れもの

服のサイズ選びで困った経験のある方は、ZOZOSUITとカスタムオーダーを試してみてはいかがでしょうか?

■そんな画期的なシステムを発表したZOZOだが、新技術の導入で早くもZOZOSUITがなくなるかも

現状、計測に必要な、ZOZOSUITを着用しての12枚の写真の撮影や、専用アプリのダウンロードも不要になる見込みだ。

同社は「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)の計測データ」「基礎ユーザー情報」「製品へのフィードバック」をかけ合わせた新技術を開発。

今後は“ゾゾスーツ”がなくてもPBの購入が可能になる。これまでに蓄積した数百万着の計測データと基礎ユーザー情報、フィードバックを活用した技術により、身長・体重・年齢・性別の入力のみで、サイズ提案が可能になる

■すでにPB商品ではこの技術が採用されているという

同社はすでに、プライベートブランドのデニムパンツやTシャツの販売に新技術を活用。

PB事業では下期からブラックデニムやチノパンツ、ジップパーカーといったカジュアルアイテムを拡充。

商品には「ゾゾスーツ」が同梱され、受け取った商品が満足できない場合は30日以内に交換・返品が可能。「ゾゾスーツ」で計測した詳細な体型データを使って再度注文することができる

■実際には前途多難、色々と問題もあるようだ。これからが大事かも

ZOZOSUITの精度の不完全さ、PB発送の大幅な遅延と、たびたび消費者の期待を裏切るようでは、そのブランドにも影を落としかねない

「誰にも参入できない領域に挑戦できている」と自ら語る領域に、ZOZO自体が果たして到達できるのか。ここからは、その真価が問われることになる。

■ZOZOのこの発表にはネットも大きく反応している

ZOZOSUITなしで商品購入が可能になんのか。。。 【ZOZO決算】ZOZOSUITに代わる新たなテクノロジー発表! 2019年3月期 第2四半期発表 取扱高は前年比超えるも、営業利益は27.3%減 |ECのミカタ ecnomikata.com/ecnews/20656/

ZOZOSUITの究極の進化形は「ZOZOSUITなし」で体型計測。 意味が分からない()

えっ、zozosuitなしでスマホ計測できるようにするわけじゃなくて?計測自体も廃止ってこと? twitter.com/BIJapan/status…

ZOZOSUITなしの話、ちょっと苦しいな。機械学習云々もわかるが、コストと大人の事情なのでは。

"ZOZOSUITなしでもOK!"ってZOZOからメール来たけど、なんかそれじゃダメじゃんって感じがする。

■そしてZOZOを追随する企業も。まずは紳士服のコナカ

紳士服を販売するコナカ(横浜市)が、スマートフォンカメラを活用して服のサイズを自動採寸できる無料アプリ(iOS/Android)を開発している

1 2