1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

慶応から京都大学まで!秋ドラマで活躍する「高学歴」俳優たち

芸能界に学歴はあまり関係ないものの、聞けば気になる「高学歴俳優」。2018年10月期秋ドラマでは、『SUITS/スーツ』の小手伸也、『ハラスメントゲーム』の古川雄輝、『僕らは奇跡でできている』のトリンドル玲奈、『相棒 season17』の山西惇。『黄昏流星群』の佐々木蔵之介などがいる。

更新日: 2018年11月14日

13 お気に入り 131622 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『SUITS/スーツ』(月曜夜9時、フジテレビ)

織田裕二が10年ぶりに“月9”の主演を務める、米国ドラマ「SUITS」が原作の弁護士ドラマ。

敏腕弁護士・甲斐(織田)と、驚異の記憶力を持つ青年・大貴(中島裕翔)がバディを組んで数々の難解な訴訟を解決していく。

織田と女優の鈴木保奈美(52)が1991年の月9「東京ラブストーリー」以来、27年ぶりに共演していることでも話題となっている。

・主人公のライバル弁護士役が好評の小手伸也は早稲田大学卒

早大在学中は「早稲田大学演劇倶楽部」に籍を置き、「カムカムミニキーナ」「NYLON100℃」「劇団☆新感線」「NODA・MAP」等の舞台にも出演。98年、劇団「innerchild」を旗揚げ。作・演出も兼ねる。

◆『ハラスメントゲーム』(月曜夜10時、テレビ東京)

「ハラスメント」をテーマに、奇抜なアイデアと手法でさまざまな問題を解決してゆく主人公と、仲間たちの活躍を一話完結で描く。

スーパー業界大手老舗会社に設立されたコンプライアンス室の室長・秋津(唐沢寿明)は、持ち込まれる難問を独自の手法と視点でメスを入れていく。

主演の唐沢のほか、広瀬アリス、古川雄輝、滝藤賢一、佐野史郎、高嶋政宏など豪華出演者が魅力。脚本は井上由美子氏が担当する。

・弁護士役の古川雄輝はミスター慶応グランプリ 中国で絶大な人気

古川が演じるのは、マルオーホールディングスの顧問弁護士でB&T法律事務所所属の弁護士、矢澤光太郎。

7歳でカナダへ。以後11年間海外で過ごす。帰国後、慶應義塾大学へ進学し、2009年に「ミスター慶應コンテスト」でグランプリに輝く。

2010年に「キャンパスターH★50withメンズノンノ」にて審査員特別賞。2013年に主演を務めたドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」(フジテレビ)は中国で大ヒットを記録。中国をはじめとしたアジア圈で広く支持を集めている。

◆『僕らは奇跡でできている』(火曜夜9時、フジテレビ)

高橋一生演じる“変わり者”の大学講師・一輝が、周囲に影響を与えていくコミカルでハートフルなドラマ。

常識にとらわれず好奇心に素直に従って生きる一輝のユニークな発想が、人々の価値観を揺さぶる。

『僕の生きる道』シリーズや『フリーター、家を買う』の脚本を手掛けた橋部敦子が完全オリジナルストーリーに挑む。

1 2