1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

JAL副機長が「10倍を超える飲酒」で逮捕に怖すぎる…の声多数

JAL副機長が搭乗前に基準値の10倍を超える数値が検出されたことにより逮捕されました。ネットからは恐ろしい…という声が多数出ています。

更新日: 2018年11月02日

11 お気に入り 34167 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■英国でJALの副機長が逮捕された

イギリスの警察当局に逮捕されたのは、10月28日にロンドン発羽田行きに乗務する予定だった42歳の副操縦士

男性副操縦士(42)が、呼気から英国の運輸関係法令で基準値の十倍を超えるアルコールを検出され、現地の警察当局に逮捕された

この副操縦士は、ロンドン・ヒースロー空港発、東京・羽田空港行きのJL44便に乗務する予定だった。

■現地の警察の検査で発覚した

現地の警察からアルコールの検査を受けました。その結果、副操縦士の呼気からイギリスの法令で定める基準の10倍以上に当たる、1リットル当たり0.93ミリグラムのアルコールが検出された

NHKによると、空港に向かっていた乗務員用バスの運転手が、同容疑者が酒臭いことに気づいて警察に通報したという。

■驚いたのは事前にJALが行った飲酒検査「パス」していたこと

警察の検査の前に、会社内で行った乗務前の検査では、アルコールの反応は確認されませんでした

副操縦士は、乗務前日の夜にワインを1.5リットル以上、ビールを1.8リットル以上飲んだと話しているという。

事前に会社の検査はパスしていたが、空港ターミナルから機体に向かうバスの運転手が酒の匂いがすることに気づき、現地の警察に通報。

■何らかの不正によって飲酒検査をパスしていた可能性があるという

本当だったら恐ろしい話です。もし飲酒したまま飛行機を運転していたら…。

出発の約一時間四十分前の日航による検査で異常はなかった。日航は不正にすり抜けた疑いがあるとみている

日本航空は、副操縦士が検査で不正をしていた可能性が高いとみていて、不正ができないよう検査方法を見直す考え

■このニュースに大してネットから辛辣な意見が

英国、飲酒で逮捕日航副機長 飲酒に基準値は要らない、少しでも飲んだら飲酒とすべき、 日本国内でもいろいろな基準があるようだが撤廃してすべて飲酒あとすべきだ! headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?…

副機長の飲酒を探知できないって!基準値の9倍なのに!怖すぎ!!JALのチェック機能全然機能してないじゃん!!

day5 JALの副機長が飲酒で、イギリスで拘束。信じられない事態。来週JALで帰るのに。#JAL

JALパイロット飲酒は、一緒に検査した機長二人絶対見て見ぬふりしてるよな。飲酒運転だって同乗者は罰せらるんだから、一緒に捕まらないとだめだろ

■このニュースを受けて国交省は「飲酒の基準強化図る」と発表

石井啓一国土交通相は2日の閣議後記者会見で「今後、諸外国の基準を踏まえ、飲酒の基準の強化を図る」と述べた

1 2