1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ショーが好きすぎて二回ほど渡米しました。異論は認めます

eicosatoさん

5位 Blue Man Group ブルーマングループ

5位ですがブルーマンです。場所はルクソール。各国でやっているものと全く同じ構成・同じネタなのにどうしてこんなに楽しいんでしょう。何回おなじことされようが必ず楽しい。同じ空間にいるどんな人とでも一緒になって楽しくなれちゃう演目です。どんなサイズの劇場だろうと、どんな国だろうと、楽しませちゃうシステムの発見。それがブルーマンの素晴らしさ(でもご当地ネタとはダジャレがあるから英語が聞けたほうがお得)。

4位 Le Reve The Dream ルレーブ

もう4位か早い。。。Win LasVegasの演目。今はやってるのかどうだかわかりませんが360°の客席囲みで展開されるショーです。舞台が池。とにかく美しい。出ハケが上空からの飛び込みか水中からの迫りあがりか、四方のはけ口。大技が多いのにとにかく展開が早く、他の演目(OやMystère)の推移を結集したかのような洗練ぶり。まさに白昼夢なので何回でも見たくなっちゃう演目です。

3位 TORNAMENT OF KINGS

エクスカリバーホテルの演目。字の通り最強の王を決める演目です。舞台は本土を敷いたスタジアムでイギリスの王家を中心に各国の王様や王子など円卓の騎士が揃い馬上槍試合や早駆け等で競い合います、最強を決める途中で悪の軍団の奇襲を受けて壊滅します。ぼろぼろになった各国騎士が最後は悪の軍団に立ち向かい大団円、というショー。本物の馬、本物の武器(手斧や大剣など様々でぶつかると火花が散る)を使うこと。武器が大破したり落馬しても戦い続けること、各国のキャラが立ってる、客席が、国ごとにわかれていて応援したりブーイングしたりスポーツ観戦に近く。且つディナーショーなのでご飯が出ます。ああ情報量が多い。イケメン好きドラクエ好きは必見です。

2位 ZUMANITY

New York New York のショー。R-18演目です。下品、コメディ、アブノーマル。という演目。アメリカの演目はトップレスショーが割と多いようです。なんでこれがいいのだろう、というと、「エロの風通しがいい」ということでしょうか。日本のストリップショーとアメリカのトップレスショーは全く違います。この演目には、男も女も性欲はあって性欲があることが普通でありエロは面白い、というおおらかさがあります。老若男女、エロを面白がっていいのです(エロ客いじりがあります)。英語のスラングやギャグが多く登場するので英語がわかるとより楽しいはず(わからなくても楽しめます)

1位 KA(カー)

言わずと知れたMGMグランドのシルク。ノンバーバル(言語を用いないパフォーマンス)であるにもかかわらず構成や演出が素晴らしく絶対に見てほしい演目。この演目は「火薬」のために滅ぼされた国、滅ぼした国(なのでタイトルのKAとは火の音読みの「カ」のことです)、生き別れになった亡国の二人の兄弟が1人は人質に、1人は国の再興のために冒険するというストーリー。敵キャラや脇を固めている登場人物もしっかり描かれています。一度、公演中の事故により上演中止になったこともありましたが華麗にカムバック。現在も多くの人を楽しませている演目です。

1