1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

一晩で9万円稼ぐというケースも…米の「ベビーナース」事情に驚く

アメリカのベビーナース(ベビーシッター)についてご紹介します。

更新日: 2018年11月03日

23 お気に入り 73877 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ベビーナースとは

乳幼児の育児係の若い女性を雇う習慣が広くいきわたり、そういう女性をナース、もしくはチャイルド・ナースと呼んだ

日本ではベビーシッターという言葉で定着しています。

■アメリカではベビーナースの需要が急増しているという

ナイトシッターは夜9時~朝7時ぐらいまで勤務する夜のベビーシッターで、近年、アメリカやイギリスで流行っている

アメリカではベビー・ナースの需要がこれまでになく高まっていて、1日で最大800ドル(約9万円)稼げる場合もある

1時間あたりの平均利用料がもっとも高かったのはサンフランシスコで子ども1人の場合、1時間17.34ドル(約1992円)だった。一方、もっとも安いデンバーでも、12.22ドル(約1403円)

一般的な相場です。しかし、先ほど挙げたように9万円にまでなるケースもあるということです。

■高給なのは仕事のハードさ。当たり前といえそう

1年先まで予約が埋まっていると言い、夜は2時間以上眠ることはないと語った。あまりにひどい扱いを受けたため、48時間で辞めたこともあった

アメリカではこうしたベビー・ナースを雇うケースが増えていて、その拘束時間と支払う給料はこれまでになく増大している。

■このようにベビーナースを雇うというのはアメリカの文化となっている

■「デートナイト」という言葉もある

アメリカ人夫婦は、子どもが生まれてからも夫婦の時間をとても大切にします。特にデートナイトは大事なイベント

夫婦が家族や友人知人、ベビーシッターに子供を預けてデートを楽しむことが当たり前の習慣となっており、その証左として「デートナイト」という言葉が存在している

ベビーシッターや両親など安心できる人に子供を預けてデートに出かけるのも素敵な気分転換になって良いかもしれません

■このシッター制度が日本にも浸透しつつある

共働きの家庭が増えていることがわかります。それに伴ってベビーシッターの需要も高まり、その利用者は年間3〜5%ほど増えていっている

ネガティブなイメージだったベビーシッターが、近年は、必要に迫られ身近な存在へと変化し、日本でのベビーシッター認知の裾野が広がってきている

1 2