1. まとめトップ

下の毛には存在価値がない!?下の毛がないメリットと世界基準

誰もが大人になると生える下の毛。けれどあの下の毛、いったいどんな意味があり、あれがあることでどんなメリットがあるのか謎に思ったことはありませんか?下の毛があることのメリットとデメリットが気になって仕方ないので、調べてみました!

更新日: 2018年11月03日

2 お気に入り 77385 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ムダ毛はできるだけ排除したい!

kiironominiさん

陰毛があることのメリットってなに?

ムダ毛は「摩擦を減らすために生える」という説です。ずっと肌がこすれ合ってると、敏感な部分は不快に感じます。

摩擦を減らし、大切な部分を守るために、陰毛が生えるという説

陰毛・ワキ毛の存在理由をめぐる説で最も有力なのがこれ。「異性にモテるため」という説です。

陰毛があるとモテる!?

もともと陰毛や腋毛は、フェロモンを含んだ汗とおしっこを腋毛や陰毛にしみこませ、ニオイと一緒に異性を引きつけるフェロモンを発散させるための汗やおしっこの貯留施設だったそうです。

フェロモンと関係があった!?

陰毛には、クリトリスや膣にダイレクトに衝撃が加わらないようにする、クッションの役割があります。縮れているのはそのためで、直接外的刺激やウイルス、細菌を膣内に入りにくくし、性感染を防ぐ役割も果たしているのです。

大切なところを守る意味も、ちゃんとありました

でも、下をツルツルにする人が増えている!

「ハイジニーナ」とお洒落な表現で、ファッション誌などにも取り上げられるようになった”VIO無毛”。
海外・欧米では当たり前なハイジニーナが、日本でもここ2,3年前から注目されていて、今では20代女子に人気なんです。

女優の夏菜さん、ダレノガレ明美さんやマギーさんをはじめとするモデルたち、タレントの壇蜜さん、人気アイドルグループAKB48の指原莉乃さん、そしてセレブの叶姉妹など、ハイジニーナ脱毛を公表している芸能人はたくさんいます。

芸能人は、下をツルツルにしている人が多い!

20代女子の下半身脱毛(いわゆるVIOの永久脱毛)は、もう常識ですよ。こんなデザインよって見せ合いっこします。私は少し残してタンポポ型にしました。つるっつるの友人は多いです

海外の下の毛事情

日本とは違い、海外ではハイジニーナはとても一般的で、逆に、アンダーヘアが未処理だと不潔だと批判されてしまうことがある

ドイツのアンダーヘア事情

真面目で潔癖な国民性ゆえ、アンダーヘアがあるのは「不衛生」という考えが強く、男女ともに「全ナシ」。しかし毛が柔らかく細いため、施術方法はレーザー脱毛よりも、ワックスが主流。男性はシャワーの時にササッと剃ってしまいます。

イタリアのアンダーヘア事情

イタリア人女性はI・Oラインは脱毛して、Vラインは残して短めに整えるのが主流となっています。

イタリアを含むヨーロッパ系の国では、ワキや脚などの毛は気にしないけどアンダーヘアは重要視している傾向があります。

フランスのアンダーヘア事情

アンダーヘアのお手入れはもちろん進んでいるものの、さすが「アムール(愛)」の国、少しヘアがある方がセクシーとの考えから、「ちょい残し」が主流。デオドラント、拭き取りなどのデリケートゾーン専用アイテムが他の国より充実しています。

アメリカのアンダーヘア事情

アメリカ人はアンダーヘアの脱毛に敏感のようです。もっとも早くアンダーヘア脱毛をはじめたともいわれ、ほとんどの女性がVIOラインの処理をおこなっています。

中国のアンダーヘア事情

国土が広く、人口も多いので一概にはいえませんが、脱毛、なんとワキ毛の処理さえもおこなわない女性が多いとされています。

中国では、そもそもムダ毛という概念がないそう

イスラム圏のアンダーヘア事情

1 2