1. まとめトップ

千手扉間(2代目)の子孫を特定【ナルトネタバレ考察】

二代目火影・扉間に子孫がいることは公式では語られていないが、これだけのイケメンならば奥さん(妻)がいて、子孫がたくさんいることを解説。

更新日: 2019年02月26日

1 お気に入り 24173 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ワンピースのキャラは、ことごとく血縁者! ナルトも同じだという一環で、扉間はキーキャラという話。

扉間はイケメン・色男・ハンサム

これだけのイケメンで、強い忍者となれば、里の女たちは放っておかない。正妻はいたろうし、子孫は残したと堅く考察。闇の部分もあった柱間だが、闇系の女もと接触できることになる。

なお、公式では子孫は、1人も作者から表明されていない。

多重影分身と穢土転生を編み出した男。

銀髪と髪型をチェック。

扉間の子孫が続々(考察)

銀髪や髪質、そして同じ系統のイケメンな所が一致。闇を合わせ持つ人格も近い。
扉間の子孫だと考察。
ひ孫 辺りかな。

ムッツリスケベだが、そのまま扉間の設定の可能性。つまり、扉間には女や子供がたくさんだと想定できる。

出典festy.jp

銀髪と髪質が一致。
エロ小説を書くし、ナルトのお金で女を買ったりする程の女好き。
自来也自身の子や孫が多彩、あちこちの里で女性に子供を産ませたと考察。しかも、ほとんどの子を自分の子だと認識できていない。
差し当たり、ナルトの祖父だと考察。ナルトの母のクシナの父親が自来也だと考えている。自来也という漢字の中にクシナというパーツが発見できる。

エロ仙人と呼ばれるが、仙人の部分を先人だと考えると、祖先という意味になる。ナルトは自来也を祖先と呼んでいるに等しい。

鼻のイボが残念だが、基本はイケメン。
顔の赤い線は、扉間と一致。

SENJYU TOBIRAMA → JIRAIYA の全てが登場。

TOBIRAMAに対し、OBITOで、オビの部分が一致。
元々、トビを名乗っていて、扉間の子孫は確定的。
ひ孫辺りかな。

扉間にはもちろん似ているし、むしろ自来也にそっくりなのだが……。

母親がうちは一族で、父親は自来也だと考察。お互いに、その関係は知らない。

YAKUSI KABUTOに対して、TOBIAAが取り出せる。RとMを追加で扉間。
カブを1字ずらす(1つの前のカナにする)と、オビになる。
ん? まさかのオビトの息子?! オビトは生きていたわけだし、18歳とかになった後に、薬師という女性を妊娠させればカブト誕生! 孤児院で育つ。
オビトの父親が自来也なんて線もすでに述べた。つまり、自来也の孫。うちはとしてはクォーターなので、うちは一族の特性は出ていない。

SENJYU TOBIRAMA → MINATOで、MINATOの内6文字の全てが登場。
扉間はナルトのひいひい爺ちゃんだろう。

母親は綱手、父親は加藤ダン(綱手の恋人)だと考察。綱手はナルトの婆ちゃんなので、「婆ちゃん」としつこく呼ぶ。これは時代がボルトになってからも同じ。

綱手の名前の意味は、津波だと考察している。手という漢字には「ミ」のパーツが含まれている。
津波と鳴門(渦潮)が強い関連ワード。

顔の赤い線や髪質が一致。
TOBIRAMA から IBA が取り出せる。

メモだが、母親の名はツメ、姉はハナ。
父親は妻のツメが恐ろしくて逃げた。

恐らく子孫や親戚

出典festy.jp

穢土転生を復活させた男。
要するに祖父の術なのでは?

OROTIMARUからは、TOIRAMAを取り出せる、Bを追加で扉間。

闇の部分もあった柱間だが、闇系の女と接触したら、大蛇丸という子孫ができる。扉間の子でも孫でもいいが、直系の子孫となる。

大蛇丸の息子。義理の息子ではなく、大蛇丸の種と、どこぞの女性の卵細胞を結合させた実子だと考察。それを人造人間と呼んでいる。

可能性の1つとしては、綱手の細胞。
というか、ミ→手で、キはナのパーツを含んでいる。
手の横棒を1つ抜いてナに追加すると、ツナ手 → ツキミ→ミツキということに。

多分、扉間の親戚(甥辺り)。
SARUTOBI HIRUZENから、TOBIRAAを取り出せる。Mを追加するだけ。

ヒルゼンは苗字が猿飛で、父親は猿飛サスケ。柱間と扉間の姉妹が、猿飛サスケと結婚して生まれたのがヒルゼンだと推量。

実はSARUTOBI HIRUZENから、HASIRAAを取り出せる。Mを追加するだけで柱間。

ナルトの母クシナの母親はヒルゼンの娘である可能性。つまり、ナルトのひい爺ちゃん。ヒルゼンにクシナという娘が出来たこと報告する前に死亡すればヒルゼンはクシナが孫娘だと認識できない。

ナルトの祖父だと考察。関係としては、ナルトの父ミナトの母親が綱手で、綱手はダンの子を身ごもっていて、その子がミナト。

KATOU DAN からはNAUTOを取り出せ、NARUTOとは5文字も一致。

ナルトの先祖に扉間がいるはずという逆算でダンを考えた。ミナトと扉間の名前が近いので、ダンが扉間の子孫。ミナトと扉間が繋がっているので、ダン自身が扉間と名前が遠くてもO.K.

ダンと名前がほぼ同じで、志村と加藤はドリフの関連ワードなので、まさかのダンの父親? 加藤という女性に未婚で産ませれば成立。

柱間の子孫の方かな。
SIMURA DANZOH → HASIRAMA
どっちにしても扉間の親戚だ。

ナルトのひい爺ちゃんじゃね?
ナルトは16歳でも子供を作る物語だと推察している。ラッキーマンの主人公の母親は15歳で駆け落ち。幽遊白書の主人公の母親は14,15で妊娠。

恐らく自来也の子孫(自動的に扉間の子孫)

多重影分身を扉間から受け継いだ。

自来也の孫だと考察。
お互いに、その関係は知らない。
クシナがまさか自分の子だとは知らない自来也。
お色気の術など、エロ属性は自来也由来。ナルトの名付け親が自来也だが、なんのことはない、娘クシナの息子の名前を付けた。祖父が付けたという昔の日本ではありがちなこと。

なお、加藤ダン&綱手の孫でもあり、ナルトは初代だけなく、二代目の子孫でもある。そりゃ強いはずだ。

綱手(柱間の血)×ダン(扉間の血)→ミナト
クシナの母(柱間の血)×自来也(扉間の血)→クシナ
だと考えている。

うずまきミトは柱間の妻で、その子孫がクシナというのは、容易に導ける。むしろ、ナルトが柱間の血を持つことの方が簡単に考察できた。難しい扉間の方を先に考察してしまうのが当チャンネルの特徴。ミトはもちろん、ミナトのひい婆ちゃん。綱手の祖母はミト。綱手とミトは額が一致。

他には自来也の子孫として
●うずまきクシナ……自来也の娘で、ナルトの母
●うずまき長門……クシナの弟?、ナルト(鳴門)と極めて近い名前
●うずまき香燐……長門と小南の娘だろう
●うちはオビト……まさかのカブトの父親
●薬師カブト……ナルトと韻を踏んでいるのでイトコかな
●犬塚キバ

自……クのパーツあり
来……シのパーツあり
也……ナのパーツあり

全キャラチェックすると、自来也の子孫は30人くらい出てくると予想。
10人以上になったら、新たなまとめで語りたい。

【考察のアドバイス】
ネットではよく、「現在明らかになっている家族関係は……」のような語り方がある。そういう考え方では、真の家族関係は発見できない。理由としては、作者には家族関係を明かすつもりがないから。その根拠としては、綱手の婆ちゃんが決め手。ナルトの祖母なのに、明かさずにナルトは完結した。となると、「祖母以外にも、続々と家族関係を伏せられている」という連想になる。次に来るのは、加藤ダンと自来也がナルトの祖父という話になってゆく。そして、綱手の先祖が柱間、自来也の先祖が扉間となる。自来也は旅先の女性と次々と子作りし、しかも、自分の子供を認識していない。当然、ナルトにはオジ・オバ、イトコが多彩となる。ナルトの少年時代には天涯孤独だと思わせておいて、実は関わる人物は血縁者だという演出だ。そして、この真相は明かされることはない。家族関係は、この方針で考察せねばならないのだ。

極端な話、ナルトが3巻とかで打ち切りだったら、4代目火影ミナトの息子という真相すら明かされずに終わったはず。「作者が用意した家族関係は必ず明かされる」という根拠はどこにもない。

今回は扉間の話だが、柱間でも同様の話を新まとめでしようと考えた(すでに制作済み)。概要としては、春野サクラや日向ヒナタ、サイ、ヤマト、モエギは柱間の子孫という話だ。ヤマトとモエギは父と娘の可能性も。

1