1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

公開が待ちきれない!映画化が決定したマンガ・小説等まとめ【2018年12月公開】

2018年12月公開予定の映画の中で、マンガや小説等から実写映画化となった作品をまとめました。(ぼぎわんが、来る、春待つ僕ら、輪違屋糸里、ニセコイ、こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち)

更新日: 2018年12月01日

4 お気に入り 3630 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『ぼぎわんが、来る』 澤村伊智

幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。

「ぼぎわんが、来る」読了 怖かった。血生臭くて、人間臭くて良い。所謂化け物が人間の感情とか血縁とかに絡みついてるのが恐くて切なくて好き。 映画化するみたいだし、そっちも見てみたい。

最近の読書はホラーかミステリ。『ぼぎわんが来る』読了。近年のホラー大賞受賞作の中でも抜群に面白かった。正統派ホラー。映画も観たいが漏らしそうなのでやめておくつもり。

「ぼぎわんが、来る」読了 読みながら思ったのは映像向きな作品 読み物として登場人物の心理面的な 部分も結構ありましたが本筋では   バケモノVS能力者姉妹 が展開の本筋なんだろうと・・・ 中島監督がどの様に仕上げたか気になる! 「読んだから、みます!」

◎『春待つ僕ら』 あなしん

本当の友達が欲しかっただけなのに……高校こそ脱ぼっちを目指して意気込んでいた美月。だけど、突然出会ったバスケ部イケメン四天王にかまわれ振り回され、新生活は思わぬ方向に…!?

ずーっと好きだった 春待つ僕ら が映画化される 行かないと!!! 嬉しいいいいいいい!!! さいこーーーーーっ!!!

あなしんさんの春待つ僕らをジャケ買いしてしまったのだけど面白い。 そして絵がキレイ、イケメン、ステキ。 バスケのユニフォーム姿が眩しい、、、っ!

春待つ僕ら読んだ! めっちゃ続き気になる(>o<) バスケだから面白い! やってた頃を思い出すなぁ〜笑 でも、こんなイケメンな人達に囲まれたらバスケできないよww pic.twitter.com/Z8l8qmWNOW

◎『輪違屋糸里』 浅田次郎

文久三年八月。「みぶろ」と呼ばれる壬生浪士組は、近藤勇ら試衛館派と、芹沢鴨の水戸派の対立を深めていた。

輪違屋糸里映画化?!! 大好きな浅田次郎先生の作品。鎌田の青春…

『輪違屋糸里』読了。いやぁ面白かった。浅田次郎はじめて読んだけど肌に合う気がするなぁ。女の人の強い物語はやっぱりなんか励まされる。かっこいい。あと、ちょいちょい新選組のかじったけど、はじめて沖田くんを好きになれた気がするわ。

壬生義士伝に続き、輪違屋糸里も読了。新選組の本は今まで何冊読んだかわからないくらい読んできたけど、女たちの視点から見た新選組の話は新鮮で面白かった。島原にも興味あったしね。その流れで、浅田次郎の新選組三部作の最後、一刀斎夢録読むぜ。

◎『ニセコイ』 古味直志

ヤクザの2代目だが、ごく普通の高校生・一条楽。そんな彼の前に現れた、転校生の美少女・桐崎千棘。喧嘩っ早く、相性最悪な千棘だが、ある事情から二人は恋人を演じるハメになり!?

ニセコイ実写映画化されるの!? しかも、主演にけんてぃーと中条あやみちゃん!! おめでとう!! 楽しみにしてるね!!

ニセコイを1巻から25巻まで読むと胸が1回以上爆発する説を唱えます 最高すぎてやばい漫画です! 俺ランキングのラブコメ部門 現在1位の漫画です 1巻でもいいから手に取って読んでみると明日からの見える世界が変わります

やべぇ。 ニセコイの最終巻やべぇわ。 普通に泣いた。 まさか少年ジャンプのラブコメで泣くとは思わんかった。 集英社も侮れんな。 やっぱツンデレ最高やね(´-ω-`)

1 2