1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

back numberからあいみょんまで!人気の秋ドラマ「主題歌」

2018年10月期秋ドラマ主題歌の中で、配信チャートを席巻するなど人気の楽曲。Uru「プロローグ」、あいみょん「今夜このまま」、back number「オールドファッション」、ゆず「マボロシ」、DREAMS COME TRUEの「あなたとトゥラッタッタ♪」。

更新日: 2018年11月15日

16 お気に入り 24354 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『中学聖日記』(火曜夜10時、TBS)

かわかみじゅんこの同名漫画を有村架純主演でドラマ化。

有村演じる片田舎の中学校の教師・末永聖が、婚約者がいながらも10歳年下の中学生・晶に惹かれていく姿を描くヒューマンラブストーリー。

晶役:岡田健史

中学校教師・末永聖(有村)を取り巻く人物として、年上の婚約者・川合勝太郎を町田啓太が演じるほか、吉田羊、夏川結衣、夏木マリ、友近、マキタスポーツらの出演。

・配信チャートを席巻するUru「プロローグ」

Uruの「プロローグ」(TBS系 火曜ドラマ『中学聖日記』主題歌)が、iTunes(リアルタイム総合ソングチャート)、 mora(デイリー&最新)、 レコチョク(デイリー)の3つのチャートにて1位を記録。

「プロローグ」は、 作詞・作曲をUru、 編曲をトオミヨウが手がけたドラマのために書き下ろされた楽曲で、 恋の始まりに揺れ動く気持ちへの戸惑いや、募っていく淡く儚い恋心を描く泣きのバラード。

恋に落ちてはいけないのに、落ちて“しまった”ーーその理性と感情のジレンマは「プロローグ」の歌詞にも反映されている。〈痛くて苦しくて/それなら見えないように/どこかへ飛んでいけ/そう思うのに〉という歌詞は、まさにドラマでの聖の思いを象徴している。

◆『獣になれない私たち』(水曜夜10時、日本テレビ)

クラフトビールバーで偶然出会った“心に堅い鎧を着込んだ男女”が、赤の他人だからこそ本音をぶつけ、傷つきながらも自分らしく足を踏み出す姿を描くラブコメディー。

等身大の現代女性・深海晶を新垣が、世渡り上手な毒舌男・根元恒星を松田が演じる。

新垣結衣と松田龍平

晶が前職時代に出会い結婚を考えている恋人の花井京谷を田中さんが、京谷の自宅に4年も引きこもり続ける元カノ・長門朱里を黒木さんが、自由奔放な恒星の元恋人・橘呉羽を菊地さんがそれぞれ演じる。

・配信チャート20冠のあいみょん「今夜このまま」

「今夜このまま」は現在放送中の『獣になれない私たち』の主題歌。軽快なアコギのストロークに乗る、フォーク/歌謡曲調のメロディに、グルーヴ感のあるビートを組み合わせたあいみょん節の1曲。

配信開始から、各配信サイトで軒並み1位を獲得し、オリコン・デイリー デジタルシングル(単曲)ランキング1位(10月24日、10月25日付)、iTunes・総合:トップソングチャート(10月25日付)1位をはじめ、20冠を達成した。

歌詞には、彼女が台本を読んだなかで得たと語る「もどかしい男女の関係性や感情の変化、台詞から滲み出るように浮かぶ表情」が描かれており、ドラマ内の必須アイテム“ビール”も<苦いようで甘いようなこの泡に>といったフレーズ。

◆『大恋愛〜僕を忘れる君と』(金曜夜10時、TBS)

若年性アルツハイマーに冒される女医と、彼女を明るくけなげに支え続ける元小説家の男性の10年にわたる愛の奇跡を描く。

1 2