1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『アクアマン』から『バンブルビー』まで!2019年公開「洋画」が楽しみ

2019年公開予定の、期待の「洋画」映画6作品まとめ。『メリー・ポピンズ リターンズ』、『ファースト・マン』、『アクアマン』、『アリータ バトル・エンジェル』、『バンブルビー』、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。

更新日: 2018年11月10日

8 お気に入り 10090 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019年2月1日公開)

第37回アカデミー賞の5部門で受賞した名作『メリー・ポピンズ』のおよそ半世紀ぶりとなる続編。

前作の20年後の大恐慌時代を舞台に、再び現れたメリー・ポピンズが起こす奇跡を描く。

主人公メリー・ポピンズを「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントが演じるほか、共演にも「キングスマン」のコリン・ファース、「マンマ・ミーア!」のメリル・ストリープ、「007 スペクター」のベン・ウィショーら豪華キャストが集結。

◆『ファースト・マン』(2019年2月8日公開)

『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再び組んだ伝記ドラマ。

人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を描く。

アームストロングの妻ジャネット役に、「蜘蛛の巣を払う女」やテレビシリーズ「ザ・クラウン」で活躍するクレア・フォイ。そのほかの共演にジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー。

◆『アクアマン』(2019年2月8日公開)

海の生物たちを従えたヒーローが人類の脅威を相手に海中バトルを繰り広げるアクション。

大ヒットアクション「ワイルド・スピード SKY MISSION」などを世界的大ヒットに導いてきた気鋭の監督ジェームズ・ワンが、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のスタントチームと手を組み、人類未体験の海中バトルを解き放つ。

アクアマンを演じるのは、大ヒットファンタジー「ゲーム・オブ・スローンズ」で脚光を浴び、「ジャスティス・リーグ」でも同役を演じたジェイソン・モモア。「マジック・マイクXXL」のアンバー・ハード、オスカー女優のニコール・キッドマンらが脇を固める。

◆『アリータ バトル・エンジェル』(2019年2月22日公開)

木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」を、同作の映画化を長年にわたり熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作により、ハリウッドで実写映画化したアクション大作。

未来を舞台に、圧倒的な戦闘能力を持つサイボーグ少女が失われた記憶を探る姿を活写する。

メガホンを取るのは『シン・シティ』シリーズなどのロバート・ロドリゲス。『メイズ・ランナー』シリーズなどのローサ・サラザール、『ジャンゴ 繋がれざる者』などのクリストフ・ヴァルツらが出演する。

◆『バンブルビー』(2019年春公開)

SFアクション『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター、バンブルビーにスポットを当てたスピンオフ。

1 2