1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ボルト氏はサッカー選手になれるのか…!?練習生契約が終了

オーストラリアのマリナーズの練習に参加し、サッカー選手を目指していたボルト氏。練習生契約が終了となりましたが、まだサッカー選手になる夢は諦めていないようです。

更新日: 2018年11月04日

4 お気に入り 5015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外サッカー好きです。

soccgamerさん

サッカー選手を目指すウサイン・ボルト氏

世界最速として知られるボルト氏。
今は、サッカー選手を目指しています。

“人類最速の男”ボルトはサッカー選手としてのキャリアを歩むことを目指し、今年8月からオーストラリアのセントラルコースト・マリナーズで練習に参加。

オリンピックで8つの金メダルを獲得したボルトは、2017年にスプリント界から引退。かねてからの夢であるプロフットボール選手を目指す同選手は、チャリティマッチに出場したり、ドルトムントなどの練習に参加したりと、精力的な活動を見せる。

否定的な意見も多数…

同リーグのライバルチーム指揮官は、ボルトがプロとして通用しないと懐疑的な見方をしているようだ。

バッベル監督は、ボルト氏のプレーについて「愛情を持って観たが、100年あったとしても、それ(プロサッカー選手になること)は不可能だろう」とコメント。「Aリーグが多くの注目を集めたという点で、マーケティングとしてはセンセーショナルだったね」と、ボルト氏の練習参加を評した。

しかし、実際に、プロのチームからオファーもある模様

オファーに断りを入れたようですが、実際にボルト氏にはプロのクラブからオファーが届いたようです。

ボルト氏はマルタ王者のバレッタFCからオファーを提示されたものの、断りを入れたという。

ボルト氏は、マルタのクラブ、バレッタFCから2年契約をオファーされた。これはバレッタFCのCEOが15日に明かしていたものだ。

ヨーロッパでプロになる可能性が出てきたボルト氏だが、代理人によると、「こういった類いのアプローチは定期的に受けている。私はマルタでのこの機会を追い求めるつもりはない」とコメント。バレッタFCへ行くことは考えていないとした。

練習先のクラブもボルト氏にオファー

練習先のマリナーズもボルト氏にオファーを提示した模様。
ただし、給与はボルト氏の希望額よりも大分低いという噂です。

サッカー選手としてのキャリアを歩むことを目指してマリナーズの練習に参加してきたボルト氏に対し、クラブはプロ選手としての契約を提示したことを明らかにした。

ボルトがマリナーズで練習を開始した当初には、契約を交わすとすれば本田と同等クラスの年俸300万豪ドル(約2億4000万円)が見込まれるとの報道もあった。だが今回マリナーズが提示した契約はその20分の1の年俸15万豪ドル(約1200万円)程度だとも報じられている。

世界トップレベルのアスリートではあるがサッカー選手としての実績は皆無なボルト氏にクラブが提示した契約は、ボルト氏側の要求を大幅に下回る年俸15万豪ドル(約1200万円)前後だとみられる。

しかし、契約には至らず練習先のクラブを去ることに

ボルト氏とマリナーズは契約には至らず。ボルト氏はマリナーズを去ることになりました。

オーストラリア・Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズは、ウサイン・ボルトのトライアルが終了したことを発表した。

プレシーズンマッチでは2ゴールを挙げるなどのインパクトを残したボルトに対してマリナーズは契約オファーを送ったものの、金銭面等での折り合いがつかず、先日にトライアルの終了が発表された。

ボルト氏はサッカー選手になる夢は諦めない模様

ボルト氏は、まだサッカー選手になる夢を諦めていないようです。
色々な意見はありますが、頑張ってサッカー選手になる夢をかなえてほしいです。

今後もサッカー選手として契約するクラブを見つけることを諦めてはいない。「別のチームで別のチャンスを得られることを願っている。今も代理人に色々とチャンスについての連絡が入っていると思うので、どういう方向に向かうのか見てみよう」と今後への見通しを述べている。

オーストラリアでは長年の夢は叶わなかったボルトだが、今後は新たな土地で夢を追いかけ続けることになるようだ。

1