1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

旅行やビジネスの機会でよく移動する東京ー大阪間の移動方法についてまとめました。

shinzanmaruさん

結局どれが一番コスパがいいの?

2人以上で事前にスケジュールが確定している場合は新幹線パックがベストです。しかし、1人の場合、日帰りの場合、直前でスケジュールが決定した場合には状況次第により最適な手段は様々です。

往復の新幹線チケット料金だけでも圧倒的に格安なのに、それに宿泊まで付いてくるのが新幹線パックの最大の特徴です。

新幹線パックが格安すぎて他に比較しようがない

①新幹線

新幹線は一番使用されている交通手段だと思います。のぞみに乗れば東京-新大阪間を2時間半で移動することができ、新大阪-難波間も15分で移動可能なため3時間以内に到着することが可能です。新幹線は値段が高いという印象がありますが、チケットの種類によって値段は様々であり、プランをうまく活用することで安くチケットを入手できます。
個人的に1人で日帰りという状況においてはEX21やぷらっとこだまのグリーン席利用がおすすめです。

東京-新大阪の割引きっぷは、以下の通りです。割引価格は変更になることがあります。

※回数券は1枚あたりの金額です。
※往復きっぷは片道あたりの金額です。
※通常期の価格で表示しています。

19,230円 - グリーン車(のぞみ正規料金)
18,920円 - グリーン車(ひかり正規料金)
18,920円 - 新幹線回数券(グリーン車)
14,450円 - 普通車指定席(のぞみ正規料金)
14,400円 - EXグリーン早特 (グリーン車)

14,140円 - 普通車指定席(ひかり正規料金)
13,940円 - スマートEXサービス(ひかり普通車指定席)
13,690円 - 新幹線回数券(普通車指定席)
13,620円 - 普通車自由席 (正規料金)
13,620円 - スマートEXサービス(普通車自由席)
13,570円 - e特急券(普通車指定席)
13,370円 - EX予約サービス(普通車指定席)
12,700円 - 学割(のぞみ普通車指定席)
12,390円 - 学割(ひかり普通車指定席)
12,340円 - EXのぞみファミリー早特(普通車指定席)
11,870円 - 学割 (普通車自由席)
12,000円 - ぷらっとこだま(グリーン車)
11,200円 - EXこだまグリーン早特 (グリーン車)
11,000円 - EX早特21(普通車指定席)
10,900円 - EXこだまファミリー早特(グリーン車)
10,500円 - ぷらっとこだま(普通車指定席)
9,900円 - EXこだまファミリー早特(普通車指定席)

JR東海の株主優待券を使用し、安くするという方法もあります。

大阪から東京へ行く場合にはお得なプランもあります。

②バス

バスは長時間での移動になりますが、夜東京を出発し朝大阪に到着するバスで移動すれば時間を有効活用しながら各安で移動が出来ます。大阪でのスケジュールに余裕があり、とりあえず移動が出来ればよいという状況ではバスがおすすめです。

東京-梅田(所要時間7~9時間):平日1,800~5,000円
土日5,000~7,000円

◆たびのすけ1号【4列・コンセント付き】
 神戸三宮 ~ (大阪梅田・高速長岡京・横浜シティエアターミナル) ~ 東京駅

③飛行機

飛行機の移動は2つのパターンがあります。羽田-伊丹を利用するパターンと成田-関空のパターンです。前者はJAL,ANAなどがメインで後者はPeach,Jetstarがメインです。基本的に東京-大阪は飛行機では移動がしづらい区間でありあまりおすすめではありません。

[1]羽田-伊丹

東京-羽田(所要時間35~50分):572~930円
京急、モノレール、リムジンバス
羽田-伊丹(所要時間1時間20分):平日7,000~12,000円
                土日7,000~14,000円
伊丹-難波(所要時間30分~1時間):640-750円
リムジンバス、大阪モノレール-阪急電鉄

[2]成田-関空

東京-成田(所要時間1時間~1時間半):900~3020円
成田-関空(所要時間1時間40分):平日4,000~6,000円
                土日6,000~8,000円
関空-難波(所要時間40分~1時間20分):920-1,430円

1