1. まとめトップ
3 お気に入り 6692 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

佐倉幸助さん

一番おもしろいゲームスコアは、8対7だ」
野球を愛した第32代アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトが1937年1月に、
ニューヨーク・タイムズの記者に宛てた野球記者協会から招待されたディナーを欠席することを詫びた手紙の末尾に記された言葉と言われている。
しかし、実は原文が確認されてないため、後世の日本人による創作の可能性がある。

「人間は脳を10%しか使っていない」
ネットではアインシュタインが言ったとされている事が多いが、実際はアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズの言葉。
更に彼が10%しか使っていないと言ったのは「脳」ではなく「潜在能力」であり、
要は「人間はまだまだ大きな可能性を秘めている。だから頑張ろう」程度の意味だったと思われる。
ちなみに脳に使われていない部分があるというのは科学的にも否定されている。

「Boys, be ambitious(少年よ大志を抱け)」
発言の存在自体が疑問視されていた時代もあったが、発言自体は講演の記録に残されており、どうやら事実だったらしいことが判明している。
ただし、後ろに「like this old man」(この老人=クラーク博士)という文章が続いていた。
「こんな老人でも頑張ってんだから、君たちも頑張りなさい」程度のハッパの言葉の前半部分が切り取られ、名言として扱われたらしい。(諸説あり)
壮大ではないだけで、オリジナルの発言と意味合いはそんなに間違っていない様には思える。

「敵は本能寺にあり」
戦国時代を舞台にしたドラマや漫画では、このセリフが出たら一つのクライマックスになる。
実際には江戸時代中期ごろに成立した軍記小説『明智軍記』が初出であり、作者の創作とされる。
(時代的に頼山陽の創作とする説は誤り)

「関ヶ原の戦いは西軍の勝ちである」
日本の軍人から関ヶ原の戦いの東西両軍の布陣図を見せられた時にこの言葉を発言したとされる。
この発言のあと、東軍側が西軍諸大名に対して盛んに調略を行った結果離反者が出て勝利した事実を聞くと、
戦争で勝利するには調略と情報収集・分析が必要という事を指導する様になったと言われている。
しかし、このエピソードは小説等では確認できるが出典は判明しておらず、後世の日本人による創作の可能性が高いとされている。

「一人の死は悲劇だが、百万の死は統計だ」
数十万から数百万人とも言われる政敵を粛清したことで知られるスターリンの冷徹さを示す言葉として知られている。
しかし、実際はアイヒマン裁判で有名なナチスの親衛隊員アドルフ・アイヒマンの発言。
ナチスのやったこと、そして彼のスタンス(要約すると「酷い事だと思うが、軍人である以上命令に従わない訳にはいかなかった。
なぜ上の命令に従っただけで有罪になるのか」)を考えればある意味頷ける発言ではある。

これとは別にドイツ人作家エーリヒ・マリア・レマルク(こちらは反戦主義者)が類似の発言をしていた、という説もある。

「日本人は外交を知らない」
チャーチルが日本の外交姿勢について語ったとされる一文で、
「我慢強く謙虚だが、限界を超えるとキレる」という日本人の性質を端的に表している。
これが日本人が抱く「日本人」のイメージに近い事から日本ではそれなりに引用される事が多い文章だが、
実は原文が確認されていないうえに当時のイギリス人の発言としては不自然な点が多く、
後世の日本人による創作、あるいは誤訳の可能性が高いとされている。
日本人が自分のイメージを元に創作した(あるいはそうなるように誤読した)文章なら、日本人のイメージに近くて当然だろう。

「日本人は12歳の少年」
日本ではマッカーサーバッシングにまで発展したマッカーサーの問題発言。
しかし、全文を読めば「(過ちを犯したのは)物を知らなかっただけ」「まだ伸びしろがある」といった風に、
むしろ肯定的な意図で子ども扱いされている事がわかる。
というか、そもそもこの発言の本来の主題はドイツの方であり、
「成熟していたにも関わらず過ちを犯したドイツ」と対比させるために使われた表現だったりする。

「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」
実際にはアントワネットの前の時代の思想家ルソーの著書の中に「ある太公婦人の発言」として出てくるもの。
元の発言者が誰かははっきりしないが、そもそも直訳すると「ブリオッシュを食べればいい」というセリフである。
当時ブリオッシュというものは実際にパンよりも安かったため、そもそも別に無知や悪意からの発言ではない。
(パンの物価が高騰したらブリオッシュと同じくらいまで戻すように、という法律があったほど)
そのため本来は「高い物が食べられないなら安い物を食べればいい」という意味合いの発言であり、

「板垣死すとも自由は死せず」
暗殺未遂事件を報じた新聞社の創作という説が有力。一説には秘書の内藤魯一の発言だとも。
何しろ襲撃当時は「痛いがーやきぃ、早よう医者を!」と叫んだと言われてたり、
本人が自伝で「一言も出なかった」と回想しているくらいだった。
また病院で見舞客に笑いながら言っていたという説もある。
いずれにしても、刺されたその場でこんな発言が出たなら凄すぎである。

織田信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」
豊臣秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
徳川家康「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」
本人が詠んだわけではなく、各人の気性を現したもの。
もっとも古い表出は江戸時代の『甲子夜話』で、松浦静山が「人から聞いたがよくできた句」として紹介し、当世の武士を風刺した下の二首を付け加えている。
「なかぬなら鳥屋へやれよほとゝぎす」「なかぬなら貰て置けよほとゝぎす」

「人民の、人民による、人民のための政治」
奴隷解放を成し遂げた偉大なるアメリカ大統領の言葉。南北戦争の最終局面、ゲティスバーグにおける演説の一節。
民主主義の精神を謳ったものとして有名だが、リンカーンのオリジナルではなく、セオドア・パーカーという牧師の言葉を引用したもの。
また、この演説は非常に小さな声で、祈るように行われたものであり、観衆はほとんど聞き取れず、新聞記者が記事に起こしたことで有名になったという。

「一門にあらざらん者はみな人非人なるべし」
現代語で直訳した「平家にあらずんば、人にあらず」は説明不要の日本史上屈指の名台詞とも言えるであろう。
このような他者を人とも思わない傲慢さによって、平家は滅亡へと向かった……
という風に捉えられることも多いが、このセリフの中の「人非人」とは「宮中で出世が出来ない人」という程度の意味だったというのが有力。
すなわち「平家じゃなきゃ、出世は無理」という程度のニュアンスであり、嫌味ではあるが直訳から受けるインパクトほどの暴言ではない。

「話せばわかる」
5.15事件で暗殺された当時の大日本帝国内閣総理大臣の最期の言葉とされ、
暴力を前にしては言論など無意味な一例とか、命乞いの台詞なんかで引用されることも多いが…
実は発言した状況があまり知られていないし、最期の言葉でもない。

犬養首相は蜂起した青年将校達が自宅に押しかけてきたのを堂々と出迎え、
言いたいことがあるなら話を聞こう「話せばわかる」と応接間へ案内しようと背を向けた所、頭に血の昇った将校に背後から撃たれたのである。
しかし即死せず、治療を受けながらも心配する周囲の者へ「胃にたまった血が出ただけだから大事無い」と逆に励ましかけ、
「私を撃った者を連れて来い。言って聞かせてやるから」と彼らを説き伏せようとする発言を繰り返しつつ亡くなった。
つまりこれは言論による相互理解を最期まで信じた信念から発せられた言葉で、決して言論の無力を現した言葉ではない。

もともと犬養首相は青年将校らの暴走傾向を深く憂いており、その首謀者らを免官させて大人しくさせることはできないものかと思案し奔走してていたのだが、
それを側近の内通者が漏らしてしまったがために暗殺されてしまった。

更に詳しく解説すると、元々は前々内閣である浜口総理時代にロンドン海軍軍縮条約を締結した、若槻前総理が青年将校達の標的であったはずなのだが、
犬養氏が総理(政府のトップ)に就任してしまったため、そのまま「政府要人暗殺」の対象となってしまった。
犬養氏自身は浜口総理に反対する立場で、むしろ軍部からも慕われていた人物でもあった。

1