1. まとめトップ

30代女性の婚活がシビアすぎる!男性=年収・女性=若さを条件で交換する厳しい婚活市場

婚活は、基本的に20代が行うものだと考えた方が良いでしょう。年収と女性の若さを交換する市場だからです。男性の年収が低ければ価値が低いとみなされ、女性に若さがなければ価値が低いとみなされます。年収・若さが期待できない人は、自由恋愛の方が成約しやすいです。

更新日: 2018年11月06日

2 お気に入り 1526 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

30代に入ってから出会って結婚まで行ける確率って、本当に少ないんですよ。

◆『男性の年収』と『女性の若さ』を交換

どれだけ中身が素晴らしくても、30代よりも20代の女性が、年収300万円よりも年収600万円の男性が、婚活パーティーでは有利

35歳を過ぎているのに、まだ男性の年収だの容姿だの贅沢を言ってる女性達が多いから、こんなにも結婚できる確率が低いという現実があるのだと思います。

◆婚活=20代の市場

たとえ外見がイマイチでも、20代で若いというだけでモテるのが婚活という場

20代女性の参入も劇的に増える傾向に。これじゃ、30代女性が不利になるのも仕方ないですよね。

やはり20代ブランドというものがあるため、30代の女性は婚活ではかなり厳しい現実を見ることになります。

◆30代が最後の勝負

29歳と30歳では、とてつもない壁があったということです。30代に突入したアナタは、もう楽に結婚できる20代には戻れません。

厳しいことを言うようですが、婚活中の男性から見て30代は前半でも後半でも、決して若くはないです。

40代になると結婚できる確率が一気に落ちるので、30代にとって人生で一番若い「いま」が勝負どきなんです!

◆35歳が女性の限界

一般的に女性は妊娠適齢期の上限とされる35歳までが、男性から選ばれやすい年齢層のボーダーライン

30代を超えると婚活のタイムリミットだけでなく、妊娠のタイムリミットも迫っているということを覚えておきましょう。

30代後半にもなると、妊娠したとしても、障害を持った子どもが生まれるリスクというのも高くなってしまいます。

◆30代も結婚対象になる

8割の男性が、30代の女性も結婚対象になると回答しました。30代だからといって、婚活で相手にしてもらえないとネガティブになる必要はないということがわかりました。

約4割の男性が25~29歳未満の女性が理想的だと回答しましたが、次に30~34歳未満が多くなっています。つまり、30代の女性でも十分結婚相手として見てもらえる

30代女性が婚活パーティーで有利になるコツは、同世代か年上世代がメインのパーティーに参加することです。

◆20代から恋愛してた人と結婚

「実際に、友達は30代で結婚してる!」と思う人もいるかもしれませんが、それは20代の時からお付き合いしていた方と、30代に入ってから結婚したという例がほとんど

◆30代男性にも厳しい婚活市場

1 2