1. まとめトップ

笑って泣ける!三谷幸喜監督作品全7作をふりかえる!

2019年9月に4年ぶりの三谷幸喜監督作品「記憶にございません!」が公開されます。そこで今回は既に公開された三谷幸喜監督作品を1作目から全てご紹介します。最新作公開前に是非チェックしてみて下さい。笑って笑って泣ける作品ばかりです。

更新日: 2019年05月15日

1 お気に入り 1728 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2019年9月13日に4年ぶりの三谷幸喜監督作品「記憶にございません!」が公開されます。(予告動画を追加しました)そこで今回は既に公開された三谷幸喜監督作品を全てご紹介します。最新作公開前に是非チェックしてみて下さい。笑って笑って泣ける作品ばかりです。

minamikanakoさん

三谷幸喜とは

日本の劇作家、脚本家、演出家、俳優、映画監督。
1993年に『振り返れば奴がいる』で連続テレビドラマの脚本家としてデビューする。

主な作品

テレビドラマ
『古畑任三郎』『王様のレストラン』『HR』『新選組!』『真田丸』 など

■1997年公開!

監督第1作目「ラヂオの時間」

生放送のラジオドラマを控え、緊張感に包まれるスタジオを舞台に繰り広げられるドタバタコメディ!

主演女優が突然ドラマの設定を変えたいと言ってきた。その脚本を書いたのは主婦の「みやこ」だった。女優の顔色をうかがうプロデューサーはすぐにみやこに脚本を書き直させるが、他の出演者たちからも不満の声が聞こえ始めるのだった――。
メロドラマだったドラマは次第におかしな方へと発展していく。はたして無事に放送できるのか?

出演者:唐沢寿明 鈴木京香 西村雅彦 他
監督・原作・脚本:三谷幸喜

みんなの感想

ラジオの生放送中に台本を書き換える奇想天外なコメディ。
三谷作品の常連とそれ以外の有名俳優が見事に融合。
各々のキャラにしっかりとした役割が有り、細部まで作りこまれている。
有り得ない話なのに演技力と流れの良さで、ついつい引き込まれてしまう。
メインのストーリーを軸に終始、笑いの要素がちりばめられながら、
各々の人間らしさが光るハートフルな作品。

三谷幸喜さんの映画は、これが一番好きです。
何回見ても、笑っちゃいます。
何か、嫌なことがあっても、これ見て笑うとスッキリしますよ!

視聴はこちら

■2001年公開!

監督第2作目「みんなのいえ」

マイホームを建てる事になった若夫婦。お酒落な家を夢見てインテリア・デザイナーの「柳沢」に設計を依頼するが、施工は大工の棟梁をしている妻の父「岩田」が行うこととになった。正反対の性格の柳沢と岩田はことあるごとに対立を繰り返すのだった。そして信じられないトラブルが夫婦に襲いかかり――。
はたして理想の新居は完成するのだろうか?

出演者:唐沢寿明 田中邦衛 田中直樹 八木亜希子 他
監督・脚本:三谷幸喜

みんなの感想

一軒の家を建てるために職人気質の大工と芸術家のデザイナーが、
互いのプライドをかけてぶつかり合う笑いと涙にあふれたハートフル・コメディ。
過去の三谷作品の登場人物が役名で出て来たり、有名タレントが多数出ているのも見所。

これから家建てる人へ、
こんな感じですよ、ってざっくり、
楽しくおかしく学ぶにはベストな一本です。

視聴はこちら

■2006年公開!

監督第3作目「THE 有頂天ホテル」

ホテルの威信をかけた新年のカウントダウンパーティーまであと2時間あまり。これを無事に終えることが高級ホテル『ホテルアバンティ』の副支配人「新堂平吉」に課せられた責務だった。
しかし、思いもよらないトラブルがホテル内で次々と発生する。新年のカウントダウンが迫る中、従業員と訳あり宿泊者たちを襲う数々のハプニング。はたして彼らは無事に新年を迎えることができるのか?

出演者:役所広司 松たか子 香取慎吾 他
監督・脚本:三谷幸喜

みんなの感想

大晦日のホテルは笑いと感動でいっぱい!
個性豊かな出演者たちが巻き起こす数々の事件が
やがて一つとなって集約される
三谷幸喜らしい計算され尽くした作品。
レトロな雰囲気も良く、安心して楽しめる。

三谷幸喜の安定した面白さでした。
群像劇なので、明確なストーリーがあってクライマックスがあるような映画とは違いますが、それぞれに小さなドラマがあり、観終わったあとには満足感が残ります。

1 2 3