1. まとめトップ

自分の欲求に素直!あばずれ女の特徴

開放的であり、男好きなイメージのあばずれ女は、男好きで品性に欠けた言動などから同性から嫌われることが多いようです。それもそのはずで品がなかったり、男女関係にだらしなければ当然で、平気で嘘をついたり、他人の目を気にしなく、自分の欲求に素直など性的にも心理的にもアクティブなようです。

更新日: 2018年11月07日

2 お気に入り 12620 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・すぐに体を許す

あばずれ女と聞くと、「すぐに体の関係を持つことができる!」と考える男は多いと思います。男でなくとも、あばずれ女の一般的なイメージと言えるでしょう。

いわゆる尻軽女、英語で言うとビッチです。性的にも心理的にもアクティブで、開放的な女に対して使われることが多いです。

その日初めて会った男と、すぐにベッドインできるのもあばずれ女の特徴です。

正式にお付き合いをスタートさせて、お互いの気持ちを確認し合うプラトニックな恋愛は眼中になく、ひたすらセックス重視の恋愛を繰り返します。そのため、深層心理で「この男はセックスがつまらない」と感じたら即座に切り捨てます。

そんなことを繰り返すうちに、自然とセックスがうまそうな男を見る目が肥えていくのです。

・男好き

あばずれ女は、基本的にどんなタイプの男にでも合わせることができます。初めて会った男でも、にっこり笑ってすぐに楽しい会話へと展開させます。

それは言い換えれば、男のタイプに合わせて変幻自在に自分を変えられるということ。ある意味とても要領がよく、器用な性格と言えます。

・美意識が高い

あばずれ女と聞くと、少し頭が弱いイメージがありますが、実は意外なことに、とてもスマートで頭がいいという特徴があります。

美意識が高く、自分をよく見せるための努力は欠かしません。ある意味ストイックにダイエットやメイクをこなす姿は、自然と男の目を惹きつけます。

「メイクの仕方がよくないからモテない」と思えば、いかにうまくメイクができるようになるか、徹底的に研究する探求心を持ち合わせています。

それができるのも、ひとえにプライドの高さゆえでしょう。仕事でも女としての美しさを追究するあばずれ女は、別の側面から見れば、とてもしなやかで強いと言えるでしょう。

・異性に対してアクティブ

常に恋人が途切れない、彼氏が次々できる女性っていますよね。

あばずれ女は恋愛に対して能動的でとても積極的なので、良いなと思った男性には自分からガンガンアプローチを開始します。

そのため、一人の人と長続きせず短いスパンで彼氏が変わったり、中には一度に複数の男性と同時に付き合ってしまうこともあります。

あばずれ女は、一人の男性とじっくり真剣に付き合うというよりは、たくさんの男性とフランクに付き合いたいタイプの人が多いようです。

品性に欠けた言動

言葉遣いや行動が下品だったり、性格が荒んでいる女性もあばずれ女と呼ばれることがあります。
男性には、女性というのは奥ゆかしく、上品な言葉と行動をするべきだという願望を持っている人が多いので、そのイメージに合わない女性のことを敢えてあばずれ女と呼ぶようです。

また、タバコを吸っていたり、お酒に強かったりすることも多く、夜遊びが好きで派手な生活を好む人も多いので、そのような部分も品がないと思われがちです。

また、大股開きで座ったり、道ばたに座り込んだり、大きな声で騒いだりなど周囲の目を機にすることなく品のない行動をとってしまう女性に対しても、あばずれ女だと呼ぶことがあります。

いつの時代も女性に対しては、上品で清潔で奥ゆかしくあってほしいという期待がありがちですので、そのイメージにそぐわない女性は「あいつはあばずれ女だ」などと言われやすくなってしまうのかもしれませんね。

・ 身なりが乱れている

あばずれ女と呼ばれる女性は、服装など身なりにも特徴があります。

多くの場合は、露出が極端に多い服を好んで着ていたり、胸やお尻など女性的な部位を強調した服装をしていることが多いようです。

また、手入れが行き届いていない不潔感のある服を着ていたり、髪の毛がボサボサとしていたりなど、清潔感がなくだらしのない雰囲気の女性もあばずれ女と言われることがあります。

しかし、このような分かりやすく、あばずれ感のある服装をしている人だけではないところがあばずれ女の奥の深いところです。

なかには、見た目は清楚で清潔感のある服装をしていて、あばずれ女とは真逆の雰囲気を持っている女性が実は奔放な「隠れあばずれ女」だったりすることもあるのです。

あばずれ女を、服装や見た目だけで選別することは決して簡単なことではないようです。

・他人の目を気にしない

あばずれ女は自分の欲求に素直に行動します。

そのため、いちいち他人にどう言われるか、どう思われるかなどと考えているヒマはないのです。
次々と男性をとっかえひっかえし、躊躇なく性的関係を結んでしまうあばずれ女は、周囲の人からは蔑まれたりバカにされることも少なくはありません。

しかしそれは、あばずれ女にとってさほど重要なことではないようです。

大切なのは、そのときそのときの自分の欲求に従うことだけです。

そのとき良いと思った男性にアプローチする、でも明日もその男性を良いと思っているとは限りませんので、あばずれ女の恋はいつでも刹那的なのです。

・同性の友達が少ない

同性には多くの事を語らない傾向にある阿婆擦れ女は、女友達が少なく、学校や職場では孤立しているようです。信頼できる女友達ができず、孤立する寂しい気持ちが男性への性依存を倍増させます。女性から見ると、阿婆擦れ女は何を考えているのかわからない不思議な性格の持ち主だそうです。そのため、深い友人関係を築くのが難しいみたいです。

逆に、男性とはすぐに仲良くなるため、男友達の方が女友達より多いです。そういう関係のほとんどが肉体関係で結ばれています。男性に本命の彼女ができたり、結婚したりすると、友人関係が途切れる事が多いみたいです。また、阿婆擦れ女は同性愛者の男性に好かれる傾向があります。お互いに男性が好きなので気が合うようです。

・平気で嘘をつく

自分の都合が良いように嘘をつく阿婆擦れ女が多いです。そのため、他人に信用してもらえずに嫌われるようです。阿婆擦れ女は、嘘をつかないなどの人間関係が嫌いで疲れるみたいです。故に体だけの薄っぺらい関係は人間関係が面倒臭くないから良いと思っている阿婆擦れ女が多くいました。

1 2